グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



鈴鹿医療科学大学



原﨑 康子(はらさき やすこ) 尾西記念病院一般病棟

 私が杏嶺会を選んだ理由は『急性期』『回復期』『維持期』と1人の患者様に一貫した治療を提供でき、幅広い知識が得られ患者様が社会復帰を目指す手助けができると考えたからです。
 入職し先輩方の訓練のプログラム内容、進め方、患者様に対しての声掛け方法など日々新しい疑問や発見があり、勉強・経験不足を実感し、落ち込む事も多いです。しかし指導者の方や他の先輩方にとても恵まれている環境で楽しく仕事をさせていただいております。杏嶺会では勉強会が多く開催されているので、各々の患者様に合ったリハビリテーション内容が選択できるようたくさんの知識を取り入れていきたいです。また、他職種との関わりも豊富なので大学で学んだことを活かせるよう努力して行きたいと思います。
 今はまだ右も左も分からない状態で、先輩方に臨床について教えていただき勉強の毎日です。私は、患者様を少しでも元の生活に近い状態に戻っていただき、社会復帰していただけるよう、より良いリハビリが提供できるように自己研鑽に励み精進していきたいと思います。