グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



豊橋創造大学



滝 公佑(たき こうすけ) 一宮西病院 脳神経外科チーム

 私は祖父母の入院先として当院を知りました。志望したきっかけは祖父母の目の届く範囲の病院に就職したいという気持ち、学校の先輩が勤務しているといった理由で見学に行きました。見学で説明を受けると当院にしかない多くの魅力に引かれ、どうしてもここに就職したいと強く思うようになり、その先に自分の夢を持つようになりました。 
 私は今、脳神経外科チームで急性期リハビリに携わっています。学生時代に大好きだった脳神経外科を今、ナマの声から学ぶことが出来ている喜びと臨床の厳しさを日々感じながら毎日を過ごしていると本当に1日1日が一瞬で過ぎていきます。今は毎日の業務をこなすのに周りの先輩方に迷惑をかけてばかりですが1日でも早く日々の業務に慣れて所属チームの一員として貢献できるよう精進していくつもりです。

藤村 正輝(ふじむら まさき) 一宮医療療育センター

 私は一宮医療療育センターで勤務しています。当センターでは重症心身障害児・者という重度の身体不自由と重度の知的障害をもった方が対象となります。そういった方々を見る機会がなかったため、最初は驚きを隠せませんでした。まだ数週間しか勤務していませんが、自分の足りない点やこれから必要とされる技術など学ぶことが多々あると痛感しました。例えば安全面・合併症の配慮や、ポジショニング等多方面からのアプローチや配慮などが必要だと考えました。自分一人ではまだ分からない点が多くあるため、支援員や看護師など、様々な職種の方々と力を合わせて、さらに先輩のご助力を頂きながら理学療法士として日々成長していきたいと感じます。私のモットーは、利用者様や患者様に対して親しみを持って接することです。そのため、これからこちらの施設でどうやって貢献できるのか、また、入所している利用者様に対して何ができるか模索しながら行っていきたいと思います。

横井 美月(よこい みづき) 一宮医療療育センター

 この春から晴れて、一宮医療療育センターに入職することができました。実習の時とは異なり、プログラムの内容、リハビリを進める工夫、患者様に対しての声かけ方法など疑問や発見があり、自分の勉強不足・未熟さを実感しています。配属先が今まで関わる機会のなかった‘療育’だったこともあり毎日不安ばかりでした。しかし、業務が忙しいにも関わらず先輩方が優しくご指導くださるため、恵まれた環境下で仕事をさせていただいています。
 これからの抱負として、職場の一員として早く馴染み、利用者様のQOLが少しでも維持向上の手助けが出来る理学療法士になりたいと考えます。そのためにまずは、利用者様自身のことを知ることから始めたいと考えます。さらに「なぜ、こうなっているのか」と疑問を持ち、それに対し多様な角度から考えられるように努力していきたいと考えます。加えて、失敗を恐れず自分の意見を批判的にみながらより良いやり方を模索し、利用者様との対話、笑顔を大切にしていきたいと考えます。