グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



日本福祉大学中央福祉専門学校


ホーム > リハビリテーション科のご案内 > 新入職員の声 > ST(言語聴覚士) > 日本福祉大学中央福祉専門学校

伊藤 尚子(いとう なおこ) 尾西記念病院回復期

 尾西記念病院の回復期に所属し、約1ヶ月が経とうとしています。分からないこと、不安なこともまだたくさんありますが、新人研修が充実しており、先輩方も丁寧に教えて下さるので、とても心強く感じています。実際にリハビリテーションの介入をする機会も少しずついただけるようになってきましたが、患者様の症状だけでなく、その日の体調やニーズ、生活背景も考えながらプログラムを立てて実施していくことが必要であり、自分自身の知識や技術の未熟さを痛感しています。臨床の現場では、患者様の回復への責任を感じるとともに、やりがいのある仕事であるということも実感しています。これからも、知識やスキルを身につけ、専門性を高めるために謙虚な気持ちと学ぶ姿勢を常に持ち、信頼していただける言語聴覚士を目指して努力していきたいと思います。まだ、至らない点が多々ありますが、一日も早く杏嶺会の一員として貢献できるように頑張っていきたいです。