グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



日本聴能言語福祉学院



加納 亜矢子(かのう あやこ) 一宮西病院 内科(呼吸器・内分泌チーム)

 一宮西病院に入職して3週間が経ちました。あっという間に感じますが、本当に中身の濃い充実した日々です。私は、就職活動を始める時になって、初めて一宮西病院を知り、知れば知る程「この病院の一員として働きたい!」と強く思い入職試験を受けました。その後、内定通知を受け取った時は、思わず嬉しすぎて声が出た程です。入職するのを励みに辛い国家試験の勉強も頑張れました。晴れて言語聴覚士になり、一宮西病院で働き始め、日々、驚かされることがあります。それは、職員の皆さんが、本当に明るく優しいことです。医療人として、患者様に優しく親身になるのは当然のことですが、職員同士が先輩後輩に関係なく、人としてお互いに尊重しあうので、雰囲気がとても暖かいんです。急性期病院なので、毎日忙しい業務に追われていますが、誰にでも変わらず、笑顔の先輩方の仲間になれたことを心から嬉しく思うと同時に、ST人生をこの一宮西病院でスタートできたことは、本当に良かったと思っています。私は「少しでも辛い思いをしている方のお役に立ちたい」と思い言語聴覚士になりました。これから先も、ずっと、その気持ちを忘れずに患者様に寄り添いたいと思っています。それには、日々勉強し、臨床の現場でチームの一員として皆と協力し、患者さまにより良い医療を提供できるよう自己研鑽に励むつもりです。そうした環境が整っているのも、杏嶺会の魅力のひとつなので、最大限に活かしていきたいと思っています。