グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



C2病棟(医療療養病棟)


ホーム > 上林記念病院 > 看護部紹介 > 各部署のご紹介 > C2病棟(医療療養病棟)

上林記念病院C2病棟

「その人らしく生きる」をめざして

医療療養病棟とは、急性期の治療を終えても、引き続き医療の必要性が高く、病院での療養が必要な患者さまが療養生活を送っています。厚生労働省が定めた規定に従い、医療必要度に応じた医療区分・日常生活自立度から考えられたADL区分による包括的評価を行っております。私たちスタッフは、患者さまとの会話や患者さまとご家族さまから頂く「ありがとう」「お世話になります」などの言葉からいっぱい元気をもらっております。患者さまの中には意思の疎通が図れず、自分の思いを伝えられない方もいます。そうした患者さまも、日々のケアや声かけを続けていく中で、うなずいてくれたり、笑顔がみられたり、そうした小さな変化に、大きな喜びや、やりがいを感じて日々の看護を行っています。患者さまがその人らしく生き、私たちの思いをキャッチボールできる様に日々努力しています。

看護目標

・安全対策に最善を尽くし、事故防止に努める
・安心して療養できる環境づくりを目指す
・他部署との連携を持ち、チーム医療の充実を目指す
・常に、学習意欲を持ち自己研鑽に励む