グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



C3病棟(回復期リハビリテーション病棟)


ホーム > 上林記念病院 > 看護部紹介 > 各部署のご紹介 > C3病棟(回復期リハビリテーション病棟)

その人に合った、生活ができるようにチーム医療でサポートします。

回復リハビリ病棟は、脳血管障害(脳卒中)、骨折手術、脊髄損傷、廃用症候群の患者さまを対象として、寝たきり防止、日常生活動作(ADL)向上と在宅復帰を目標にしています。当病棟は、患者さまが安心して不安なく、個別リハビリが行える様に支援しています。患者さまに寄り添う事で、出来る動作が増え、自信に繋がる様に看護・介助しています。在宅や地域社会に不安なく戻れる様に、患者さまやご家族さまに対してチーム(医師、看護師、介護士、リハビリ、医療相談員、薬剤師、栄養士など)で連携して関わっています。看護の質向上、個々の患者さまにあった看護・介護提供が出来る様に、5つのチーム活動をしています。(1)栄養チーム(2)再発予防チーム(3)嚥下チーム(4)転倒予防チーム(5)認知チーム。回復期病棟2病棟(A2、C3)合同で行っています。

病棟方針

・チーム医療を推進する。
・安全かつ快適な療養生活を提供する。
・コミュニケーションを大切にする。
・やりがい、働きがいのある職場を創る。