グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教育制度

ホーム >  教育制度 >  短期育成プログラム

短期育成プログラム


新卒2年目以降の早い段階から、自身が今後進みたい道を意識し、短期間で看護の知識や技術を習得・向上させたいと考える看護師に対して個別プログラムを作成する特別育成コースです。
プログラム期間中は院内・院外研修、学会にも積極的に参加します。自身の進みたい方向・学びたい分野に沿ったプログラムを提供することで、看護に情熱を持った看護師をサポートします。

目的 各分野の看護におけるスペシャリストの短期養成
対象者 立候補・選抜により看護部長が決定します


1年目

  • 2ヶ月毎に4病棟をローテーション研修
  • 1月より最終希望病棟で研修
  • 4月より自分の希望に沿って正式配属

2年目(SPC1年目)

  • 2年間、クリティカル部門へ配属
    (ICU、オペ室、救急外来、中央検査室)

4年目〜(SPC3年目)

  • 3年間、本人の希望する病棟に配属
  • 脳外、心外、循内病棟 etc...
  • 院外・院内研修へ積極的に参加

7年目以降

  • 管理職、認定・特定看護師、各分野のスペシャリストとして従事
  • 積極的に学会発表を実施
お申し込み・お問い合わせ
電話受付時間

月曜日~金曜日 午前9時~午後4時