グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



維持期リハビリテーション


ホーム > 上林記念病院 > 中央診療部紹介 > リハビリテーション科 > 維持期リハビリテーション

自立生活を全力でサポートします!

維持期のリハビリテーションとは、発症から一定の期間が過ぎ、病状ならびに障害の状態が比較的安定している時期で、障害の心理受容を図るだけでなく、介護者の負担の軽減・生活環境の整備、社会参加の促進に努め、その自立生活を支援します。

取り組み

理学療法(PT)
高齢や脳梗塞による後遺症などによる寝たきりを防ぐため、車椅子に座っている時間を確保していきます。坐位を保つことにより、心肺機能・内臓機能や持久力の維持向上も期待できます。一人では起き上がりや立ち上がり・車椅子への移乗ができない患者さまに対して、持ちやすいベッド柵に変えるなどの環境設定を行います。

作業療法(OT)
主に日常生活場面に焦点を当て、全身状態に合わせながら身体能力の向上、身の回りの動作の獲得を目指します。在宅復帰をされる方の場合は、トイレの動作・更衣動作・食事動作の再獲得を目指します。一人ひとりに合わせて何が問題かを評価し、動作の獲得のための訓練を進めていきます。

言語聴覚療法(ST)
残された言語機能を維持しながら、ジェスチャーや描画など、コミュニケーションの代償的手段を有効に活用できるように訓練を行います。嚥下障害の患者さまに対しては、安全な食事形態や食事方法を考え、生活への定着を図ります。また、誤嚥性肺炎の防止として、口腔ケアなども行っています。