グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



愛知学院大学



竹下 郁哉 (たけした ふみや) 尾西記念病院 リハビリテーション科

入職して1か月ほど経ち、自分の生活リズムがようやくつかめてきました。職場ではまだまだ緊張や不安もありますが先生方は優しく指導して下さり、患者様と会話する機会や吸引などの実技を行う機会を非常に多く頂いております。検査の手順、自由会話の続け方、時間配分など課題を挙げればきりがない状態であり、学生時代に教わった、病気を見るのではなく患者を見るといった視点も十分に持てておらず、自身で考えて訓練を考案し実施することが臨床実習ではできていなかったため、それらが少しでも早く改善できるよう自身の課題を意識して自己研鑚に努めたいと思います。まだ業務をこなすことで手一杯で臨床的な知識や技術もこれから習得する段階ではありますが、分からないことはためらわず質問して積極的に取り組んでいきます。患者様や他職種から信頼される臨床家を目指し、礼節を重んじることを念頭に置き、傾聴の姿勢を忘れず、患者様一人ひとりと向き合って勉強していきたいと思います。

水谷 明日香 (みずたに あすか) 尾西記念病院回復期

今年度4月から尾西記念病院でお世話になっております。
新社会人として1ヶ月が経とうとしておりますが働くことの難しさ、学生の頃と異なる責任の重さを感じていると共に、患者様を支えていくうえで患者様とのラポートを図ることはもちろん、他職種とのコミュニケーションを図る重要性を感じております。
私が杏嶺会へ志望した理由は、急性期から回復期、小児、通所リハビリテーションと幅広く展開している面、保育などを併設しており長く継続できる面、教育体制が整っている面で実際に見学やお話を伺った際に魅力を感じた為です。
教育面においては不安なことや、疑問に思ったことなど先輩方が優しくご指導くださり、疑問に感じたことなどその場でアドバイスなどを頂ける環境にあり、とても成長できる環境であると実感しております。
不慣れな事が多く、不安も多くありますが患者様に対し寄り添い、様々な観点からアプローチできる言語聴覚士となり、日々周りの方々へ感謝しながら少しずつ前へ進んでいけたらと思います。