グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




第4回 胃がんの原因「ピロリ菌」とは?


ホーム > 病院紹介 > 健康のつボ! > 胃腸の病気について > 第4回 胃がんの原因「ピロリ菌」とは?

(小高)
このコーナーは「健康のつボ~胃腸の病気について~」食べて消化する胃や腸は、私たちの健康と切っても切れない関係。そんな胃腸の健康、胃腸の病気について、一宮西病院・胃腸科部長・消化器内視鏡副センター長の東玲治(ひがしれいじ)先生にお話を伺っていきます。

(小高)
胃がんの主な原因のひとつと言われているのがピロリ菌です。

(つボイ)
メッセージもいただいています。RN.遊学のこうちゃん「先日、番組の中でピロリ菌の話がありました。私も30代の頃、このピロリ菌で悩みました。入社10年程が過ぎ、部下も持たされて、仕事のことで悩んでいた頃だと記憶しています。胃の辺りがキリキリして、胃腸科で診察を受け、ピロリ菌だと診断されました」という事だそうです。さて、遊学のこうちゃんも悩んだピロリ菌・・・その正体とは?!

(小高)
東先生にお聞きします。



~~~~~~~



(東)
非常にちっちゃいもので、正式名称は『ヘリコバクター・ピロリ菌』と言います。大きさは4ミクロン。1ミクロンが1000分の1ミリです。

(小高)
見えないですね(笑)でも胃カメラとかすると「あ~これはピロリ菌がいますね」とか言われる事ありませんか?

(つボイ)
先生方は見えてもないのに嘘をついていらっしゃるという事ですか?(笑)

(東)
ピロリ菌がいますと『萎縮性胃炎』という胃炎を起こします。なのでそれを診断した上で仰っているのだと思います。

(小高)
ピロリ菌がいる胃の状態だな、という事が分かるんですね。

(東)
そうですそうです。

(つボイ)
いるかいないかはどういう事をしたらわかるんですか?

(東)
ピロリ菌の診断は血液検査、尿の検査、尿素呼気試験(にょうそこきしけん)というお薬を飲んで息を吐く検査、便の検査など何種類かの検査をして判断していきます。

(小高)
ピロリ菌って、そもそもどんな悪さをするんでしょうか?

(東)
胃の中で居着きますと『胃炎』を起こします。胃炎を起こすと、『胃潰瘍』、『十二貯潰瘍』、あるいは『胃がん』が出来たりします。

(小高)
色んな病気の原因になるので居ない方がいいという事ですね。ピロリ菌はどこから来るんでしょうか?

(東)
最近は減って来たんですけど、以前は小さい頃に井戸水を飲むだとか、口移しだとかで移ります。基本的に5歳ぐらいまでに感染しやすいと言われていて大人になってからは感染しにくい。現在は、若い人の感染は現在10%~20%とかなり減って来ているんです。

(小高)
そうなんですね・・・でも私の身近にも居ますし、結構最近多いとも思うんですが深刻度はどのくらいなんでしょうか?

(東)
日本におけるピロリ菌の総感染者数は3000万人くらいと言われています。

(つボイ)
胃がんになる人3000万人もいませんしね。

(東)
そうですね、胃がんになられるのはごく一部の方ですね。ピロリ菌保有している患者さんを10年ほど経過を見た研究等がありまして、菌保有者のおよそ3%ほどが発がんがあったと。

(つボイ)
全員がなる訳じゃないんですね!

(東)
全員がなる訳じゃないです(笑)

(小高)
ピロリ菌がいたからといって「私、胃がんになっちゃう!」って事ではないけれども、除去しといた方が良いから除去しておこうね。という感じなんですね。除去するにはどうやって除去するんですか?

(東)
飲み薬になります。1週間くらい3種類の飲み薬を飲んでいただいて9割は退治できます。

(小高)
錠剤ですか?

(東)
錠剤ですね。

(つボイ)
いいですね、治療としては飲み薬だけなのは。

(東)
そうですね、あまり負担かかりませんし。

(小高)
お薬で除去できるのはいいですね!ピロリ菌がいるかいないかも調べれば簡単に分かるし、居たらお薬飲めば除去できると。

(つボイ)
知っといた方がいいですよ、いるかいないかは。

(東)
その通りだと思います。



~~~~~~~



(つボイ)
はい!お聞きになられたように、ピロリ菌そのものががんになるのではなくて、ピロリ菌による胃の炎症が、がんになりやすい状態を作っている、ということなんですね!

(小高)
ですので、胃の中にピロリ菌がいることが発見されたら、薬でちゃんと除去してくださいね。

(つボイ)
前半で紹介しました「遊学のこうちゃん」も、「薬だけで治ったと記憶しています」と書いてあります。

(小高)
それにしても、ピロリ菌も内視鏡でわかるんですね。

(つボイ)
優秀ですね。内視鏡。ピロリ菌からしたら天敵やね内視鏡は!

(小高)
来週はそのあたりも先生に詳しく聞いていこうと思います!一宮西病院・胃腸科部長 消化器内視鏡副センター長の東玲治(ひがしれいじ)先生でした。『健康のつボ~胃腸の病気について~』でした。