グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




第6回 内視鏡検査のメリット


ホーム > 病院紹介 > 健康のつボ! > 胃腸の病気について > 第6回 内視鏡検査のメリット

(小高)
このコーナーは「健康のつボ~胃腸の病気について~」食べて消化する胃や腸は、私たちの健康と切っても切れない関係。そんな胃腸の健康、胃腸の病気について、一宮西病院・胃腸科部長・消化器内視鏡副センター長の東玲治(ひがしれいじ)先生にお話を伺っていきます。

(小高)
つボイさんが苦手な内視鏡、いわゆる胃カメラの検査ですよ!今の内視鏡はとても高性能で、検査だけでなく、治療にも使えるということです。

(つボイ)
辛さ・苦しさは個人差があるとおもいますけれど、それで早期発見・早期治療ができると考えると、我慢しなきゃいけませんかねぇ?

(小高)
どんな病気も早期発見!ですよね。まずは最新の高性能な内視鏡について、今週も東(ひがし)先生にお話を聞いていきます!



~~~~~~~



(東)
内視鏡って診る場所によって色々あるんですけれど・・・肺ですと『気管支鏡』とか、胃ですと『上部内視鏡』とか、大腸だと『大腸内視鏡』とか、種類はあるんですが基本構造は一緒です。先端の方にライトとビデオカメラが付いていて、あと『鉗子孔』という穴があってそこから水を吸ったり、鉗子という処置具を出したり、という。どこでも同じ構造です。で、最近になりますとボタンを押すと特殊な光に切り替わりまして、細胞の表面の細い血管を浮きだたせる、という事ができるようになりました。なので『癌』を見つけやすくなったんですね。差指針の機種ですと、倍率も80倍くらいまで拡大できて、癌の『診断』と癌の『範囲』が分かるので、診断がつけやすくなりました。

(つボイ)
前回のお話ですと、適当にパシャパシャ写真を撮っていくだけだったのが、今は覗いてみて光当ててココおかしいぞ拡大してみよう、という風に進化したんですね!ほぉ~~。

(東)
そういう時代になりましたね。

(小高)
そして実際にある程度は治療しちゃう、という事ですか?

(東)
まず診断が大切ですので、外来で来られた患者さんにすぐ治療という訳にもいきません。まず、癌の診断をして、癌がどこまで広がっているかなど確認します。あと、根が深い癌の場合は内視鏡で取るだけでは済まなくなってきますので『深さの診断』とか。取れば治るだろうという事がある程度分かりましたら、次に内視鏡の手術へ進んでいきます。

(小高)
具体的には、内視鏡でどんな治療をするんでしょうか?

(東)
癌の治療って何種類かあるんですけど、ひと昔前までは『EMR』と言いまして、病変した部位を金属の輪っかでつかんで焼き切る、というのをやっていました。大体2000年頃に日本で『ESD』という新しい手技が開発されまして、今は全国でこっちが標準基準でやっています。電気メスを出しまして、まず病変の周りに印を打っていきまして、胃壁の一部を剥ぎ取るというやり方です。初期の癌の場合は完全にとることができます。

(小高)
おぉ~!

(つボイ)
内視鏡で治療まで出来ちゃうんですね!

(小高)
昔は輪っかで・・・?

(東)
金属の輪っかで病変をつかんで縛って電気でブチッと切るという方法をとっていたんですけれども・・・。癌って、一回で取ってしまうのがとても大切なんです。分けて取ると、癌が残っている場合があって再発が多くなります。粘膜を剥ぎ取る方法であれば理論上どんなサイズの癌でも剥ぎ取ることが可能という事です。

(つボイ)
なるほど。



~~~~~~~



(小高)
ね♪早期に発見できれば、外科的治療(=手術)をしなくていいんですよね!

(つボイ)
当然、内視鏡による治療の方が身体への負担は少ない訳ですから。皆さんも嫌がらずに、ぜひ内視鏡での検査を!

(小高)
ヤダヤダ言ってちゃいけないんですよ!つボイさん!

(つボイ)
失礼いたしました~~~~~!

(小高)
『健康のつボ~胃腸の病気について~』でした。