グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



お仕事内容

ホーム >  お仕事内容 >  その他の病院でのお仕事

その他の病院でのお仕事



上林記念病院

精神病棟

精神科疾患は特別な疾患ではなく、生活習慣病のように誰もが罹りえる病気。

上林記念病院は<A4>急性期治療病棟、<B2>精神一般病棟(閉鎖)、<B3>精神一般病棟(開放)、<B4>精神一般病棟(高齢者対応・身体合併症対応)の4つの精神科病棟を有しています。精神科疾患は現在「5大成人疾患」に挙げられており、成人の患者数としては323万人(平成20年)と一番多くの患者数を抱えています。また最近では特別な病気ではなく生活習慣病のように誰もが罹りえる病気であるとの認識が広まり、外来受診の敷居も下がってきました。当院の入院対象になる疾患の内訳は統合失調症、ストレス社会の中で増え続けているうつ病を代表とする感情障害、小児精神領域、発達障害、薬物依存、神経症、摂食障害、高齢化社会の中で増え続けている認知症等、様々な疾患が対象になります。その中で各病棟が、役割分担して協働しながら精神科看護を実践しています。急性期治療病棟においては、短期集中的に治療ケアを行い症状の緩和を図りつつ、アドヒアランス向上に向けた心理社会療法プログラムを積極的に行っています。また精神科クリパスを活用し、医師・看護師・薬剤師・臨床心理士・作業療法士・精神保健福祉士との連携により必要最低限の期間で入院治療を終了させ地域へ戻す関わりを行っています。急性期治療病棟においては26年度の入院患者数412名、平均在院日数は46日でした。精神一般病棟においては、急性期治療後のQOL向上のための受け皿・社会的入院患者の退院促進・社会復帰に向けた心理社会療法の実施等様々な役割があります。また地域医療貢献のため看護学生の実習受け入れも行っています。高齢者対応病棟においては在宅や施設内において認知症の症状により生活が困難になった方へ、速やかに症状が緩和する治療を行い、再び在宅・施設へ繋げる、また、身体合併症を併発した患者さまの身体管理も行い心から身体までケアできる体制をとっています。

一般病棟

地域の皆さまに貢献できる病院づくりを目指します。

当院には身体疾患の急性期は脱したものの、まだまだ治療や療養が必要な患者さまが入院されています。一般病棟では、治療を目的とした患者さまへのケアが中心です。療養病棟では、療養されている患者さまへの日常生活のケアが中心です。しかし、どちらの病棟も、患者さまの「できる力」を引き出そうと、主治医をはじめ、看護師、リハビリスタッフ、精神科作業療法士、医療福祉相談員などが、ひとりひとり患者さまについて、検討会を開催し、スタッフ全員が患者さまのケアについて、同じ方向にベクトルを向けるよう心掛けています。また、一般病棟では、杏嶺会で唯一、時短夜勤を実施しています。夜勤でのスタッフの負担を少しでも軽減できれば…と、試行錯誤の末、2014年2月から始めています。

CHIEF'S MESSAGE

患者さまやそのご家族は、さまざまな不安や心配事を抱えています。病気の治療の事、リハビリの事、介護の事…。患者さまそれぞれに抱えている不安や心配事は違います。私たちは、その不安や心配事を日頃のコミュニケーションからくみ取り、相談に乗り、看護師では解決が難しい場合は、最適なアドバイザーをご紹介する相談窓口の役割もしています。「こころとからだに安心とやすらぎを」が上林記念病院のモットーです。上林記念病院に来れば、安心する…、やすらぐ…。私たちは、来院される方々を、笑顔でお迎えしています。

回復期リハビリテーション病棟

患者さまに暖かい家庭的な環境を提供できる病棟。

回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患や骨折などの患者さまがADL能力の向上による寝たきり防止と家庭復帰を目的に集中的にリハビリを受ける事ができる病棟です。患者さまが「家庭復帰」「社会復帰」に至るまでには、それぞれの家庭で様々な不安を抱えることがあります。その様々な不安に対して、医師、看護スタッフ、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカーなどが専門性を生かし、患者さま、ご家族さまが不安なく退院できるようチームワークで取り組んでいます。患者さまの70%以上が自宅へ退院されています。個々の患者さまに合った対応を考え、患者さまが不安の無い入院生活が送れるようにスタッフ間で情報共有を行い統一した看護・ケア・対応を行っています。

CHIEF'S MESSAGE

回復期リハビリテーション病棟では、入院から退院まで担当の看護師が責任を持って患者さまを支えます。また、全職種が患者さまに笑顔で接し、傾聴を大切にしています。リハビリがない時間にも患者さまと一緒に作品を制作したり、15時より毎日、患者さまとスタッフ全員でラジオ体操も行っています。季節ごとにレクリェーションを行い、患者さまだけでなく私たち職員も一緒に楽しんでいます。病棟内は明るく、笑顔の絶えない職場で、スタッフ同士のコミュニケーションは抜群です。


いまいせ心療センター

認知症病棟

“私たちは、認知症を抱えたご本人、ご家族、さらにその方たちを支えるケアスタッフが
安心して毎日を送ることができるように努力しています。“

認知症の方に特化した治療病棟で、さまざまな専門的なアプローチを展開しています。認知症の治療は、人として患者さまと関わっていく中で、反応をみながら有効なアプローチを見つけていきます。例えば、薬を投与する際も、適切かつ過剰になりすぎない薬をどのタイミングで投与すると有効に作用するか、患者さまの様子をみながら考えていきます。外せないキーワードは、‘パーソンセンタードケア’という考え方で、それを病棟の理念として掲げて取り組んでいます。私たちは、認知症を抱えたご本人、ご家族、さらにその方たちを支えるケアスタッフが安心して毎日を送ることができるように努力しています。患者さまのためにスタッフが犠牲になるのではなくて、自分達がそこで働く存在意義や価値を一緒に見出していきましょう。

CHIEF'S MESSAGE

認知症だからといって、決してケアのペースがゆっくりではありません。患者さまの時間軸はゆっくりではありますが、時には急に病態が悪化することもあるため、患者さまの変化を見逃さないことが大事です。身体ケアを適切に行うことが精神面に対しても有効なアプローチへ繋がっていくため、認知症以外の看護経験も存分に生かせます。認知症の専門的スキルは、現場での教育体制が整っていますので、働きながら学んでいただけます。仕事を一生懸命やっていただく事はもちろんですが、しっかり休むことも大切だと思います。心が病んでいる方や健康レベルが下がっている方に適切なケアを提供することは、とてもエネルギーのいる仕事です。プライベートを充実させ、心身ともにゆとりを持つ事がいいケアの提供に繋がっていくと考えます。

精神病棟

退院後、患者さまが地域で安心して生活できる土台をつくるために、入院がある。

精神一般の病棟で54床の病棟です。精神の急性期から慢性期、年齢層も20代~80代までと幅広い患者さまに対応しています。精神の障害に伴うさまざまな症状や日常生活のしづらさを、いかに察知してあげられるかがケアのポイントとなります。退院後、患者さまが地域で安心して生活できる土台をつくるために、入院初期より患者さまへのアプローチも、地域に帰ったらどういう生活をするかを考えながら看護を行っていきます。病棟単位では動けない時は、外来、訪問、デイケアといった他職種との連携を図り、患者さまにとって最良の看護計画を立ていきます。

CHIEF'S MESSAGE

明るく元気で前向きな方、一緒に働きませんか。精神看護に興味がある方であれば、未経験でも大歓迎です。専門的スキルは、現場での教育体制が整っていますので、働きながら学んでいただけます。職場の雰囲気は平均年齢が若いため、非常に明るいです。男性スタッフが多いのも特徴です。様々なキャリアを積んだ看護師同士で、「ああしよう」「こうしよう」と話し合って、日々前向きに取り組んでいます。


老人保健施設やすらぎ

療養病棟

優しさと明るさをモットーに、利用者さまの在宅復帰を支援。

老健施設やすらぎは、要介護老人に対して医学的管理の下での看護・介護や機能訓練を主たるサービスとし、利用者さまの能力に応じた日常生活が送れる事を目標に、在宅復帰を目指したサービスを提供しています。私達、看護・介護士は利用者さまのニーズに応えるケアができる事を目標に、チームワークと思いやりをもってお世話をさせていただきます。利用者さまの笑顔が、私達の仕事へのエネルギーになっています。利用者さまに良いケアができるように、(1)コミュニケーションのスキルアップ(2)看護倫理・介護倫理の育成 に取り組み、精進して行きます。

CHIEF'S MESSAGE

老健施設やすらぎは、3フロアーで100床を有します。老健施設の役割が在宅復帰、在宅生活支援という目的がありますので、医師、看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、支援相談員、栄養士、などの多職種の専門職が協働して支援に当たっています。また、職員のスキルアップを目指して、年間を通じて、実務に役立つ研修や勉強会の企画もしています。老年期の看護・介護に興味のある方、介護を通じて自己実現を目指している方、一緒に働いてみませんか。


訪問看護ステーション

訪問看護

患者さまがリラックスできる環境においてマンツーマンでじっくり関わる。

訪問看護は在宅で療養生活をされている小児から高齢の方で、身体・精神障害の方に対して、24時間体制(夜間待機交代制)で看護の提供をしています。
内容としては、(1)病状観察・把握(2)内服管理(3)保清(入浴介助・清拭)(4)排泄介助(排尿・便コントロール)(5)医療的処置・機器管理・指導(褥瘡、吸引、胃ろう、経管栄養、人工肛門、血糖測定・インスリン、腎ろう、膀胱留置カテーテル、在宅酸素、抹消・中心静脈栄養点滴、人工呼吸器など)(6)日常生活・栄養の改善指導(7)専門スタッフによるリハビリテーション(8)ターミナルケア(9)介護者への介護指導・療養相談などです。在宅でのノウハウを熟知している、経験豊富な看護師・リハビリスタッフが自宅に伺い、本人・家族さまの希望に沿い、本人さまのQOLを考えた療養生活が送れるように技術・知識を提供しています。また主治医や多職種の方々と連携し、より快適な療養生活が送れるように努めています。

CHIEF'S MESSAGE

訪問看護は病院と違い、看護の提供場は住み慣れた自宅となります。本人さまがリラックスできる環境においてマンツーマンでじっくり関わることができるため、提供する側も充実した時間を持て、本人さま・家族さまにとって一番は何かを考えることができます。また私たちは個々ではなくチームで取り組んでいるため、不安なときはスタッフ間で話し合い、協力できることで安心を得られ、強みとなっています。その中で信頼関係を築き、寄り添うことで訪問看護を利用して良かったと思ってもらう事が更に私たちの力となります。
在宅でも常に自己研鑽は必要となります。スタッフは興味がある研修に自ら積極的に参加しており、在宅ならではの新しい知識・技術が取り入れられています。このような職場で一緒に働いてみませんか。訪問看護が好きな方、興味がある方、じっくり自分の看護を提供したい方、お待ちしています。


お申し込み・お問い合わせ
電話受付時間

月曜日~金曜日 午前9時~午後4時