グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



薬剤科



科長 郷民生

薬剤科スタッフは杏嶺会理念の「街と人が明るく健康でいられますように」をモットーに患者さんの立場に立った医療を常に心がけ、薬物療法を受ける患者さんの有効性と安全性を確保するために、医薬品の適正使用に努めています。

業務紹介

薬剤科

◎調剤業務
入院患者の調剤を行っています(外来は院外処方)。処方内容が適正であるかの確認(薬の量、飲み合わせ、飲み方など)後、調剤します。調剤と監査を別の薬剤師で行います(ダブルチェック)。

◎注射剤調剤業務
入院患者さん毎に注射薬セットを行なっています(混注業務は行っていません)。処方内容が適正であるかを確認します(適応や投与量・方法が正しいか、混合しても問題ないかなど)。

◎薬剤管理指導業務
各病棟に担当薬剤師を決め薬剤管理業務を行っています(病棟管理加算は算定していないため、常駐ではありません)。
◆ 主な業務として
・患者さんへの薬剤説明・指導
・患者の状態把握(副作用のチェックなど)
・処方提案(患者さんそれぞれにあった薬剤の選択)や抗精神病薬の適正化への介入
・医師や看護師からの質問の対応
・入院時の持参薬のチェック・情報提供
・退院時の薬剤の整理            など
医師や看護師、コメディカルスタッフとともに活動しています。

◎製剤業務
市販されていない治療に必要な薬剤(製剤)を院内で調製し供給しています。

◎薬品管理業務
病院で使用される医薬品の購入と保管・管理、不良在庫の確認、さらに各部署への供給をしています。特に品質管理には、より安全に患者さんに使用できるよう心掛けています。

◎チーム医療への参画
医療チームの一員として感染委員会、栄養サポートチーム、褥瘡委員会、退院カンファレンスなど多職種連携を行い、ショートケア、心理教育、糖尿病教室など患者教育にも参加しています。

◎自己研鑚
認定薬剤師などの資格取得や学会参加・学会発表の他、院内勉強会・院内発表など、スキルアップをサポートできる職場環境を整えています。

◎資格など
日本病院薬剤師会 精神科薬物療法認定薬剤師
日本薬剤師研修センター 実務実習認定指導薬剤師
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士