グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



愛知淑徳大学



稲垣 澪香 (いながき みおか) 上林記念病院 C3病棟

 入職した当初は、新しい環境で不安と緊張の毎日を過ごしていましたが、一か月経ち少しずつ職場環境・業務内容にも慣れてきました。
 また、業務内容は覚えることが多く、不安に感じることもありますが、優しく丁寧に教えて下さる先輩方が多く、とても働きやすい環境だと感じています。
 臨床では学生の頃の実習とは異なり、一人で患者様のリハビリテーションが出来ることに喜びを感じる一方で、知識不足・経験不足を痛感することが多いです。同じ訓練内容でも、患者様によって行う目的が異なるため、患者様の状態に合わせた訓練内容を選択することの大切さと難しさを感じています。また、患者様の症状は教科書の内容通りではないため、実際の臨床場面で対応の仕方や訓練での指示の出し方などを日々学んでいます。
 患者様の日々の小さな変化を見逃さないよう、また患者様の反応から探究心を持って臨床に励み、患者様の視点に立ちながら多くのことを吸収して成長していきたいです。

玉谷 優花 (たまや ゆうか) 尾西記念病院回復期

 私は、急性期から生活期まで幅広い分野でリハビリテーションが勉強したかった為、杏嶺会に入職を志望しました。今年度より杏嶺会の回復期の病院である尾西記念病院に入職し、約一ヶ月が経ちました。学生時代とは違った、社会人としての責任感を感じながら、日々過ごしています。新しい環境の中で、実際の臨床場面を経験したり、業務内容を覚えたりと分からないことが多く、毎日緊張と不安でいっぱいです。また、先輩方のリハビリテーションを見学しながら、患者様にリハビリテーションを提供させて頂く機会も少しずつ増え、知識や経験不足を感じています。しかし、先輩方から丁寧な指導を毎日して頂き、恵まれた環境だと感じています。定期的に開催されている勉強会にも参加しながら、今後も、積極的に多くのことを先輩方から吸収していきたいです。そして、患者様一人ひとりの心に寄り添えるようなリハビリを提供し、信頼関係を築いていけるよう、日々努力していきたいです。