グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




リハビリテーション科


ホーム > その他の診療科 > リハビリテーション科

メッセージ

リハビリテーション科

リハビリテーション(以下、リハビリ)科では、入院してから退院するまでの間、手術をはじめとする病気や障害の治療中・治療後の日常生活動作の低下に対して、機能回復や生活復帰を目指してリハビリを行っています。
リハビリの内容としては、手術後の呼吸器合併症などに備えて術前からのリハビリや、集中治療室入室中からでもリハビリを開始し、入院初期からでも積極的に対応しています。また、高齢化社会に伴い病気やけがで入院される患者さまも高齢者が増え、入院時より既に栄養不良や筋力低下のある方、あるいは入院中にこれらに陥る方達も増えてきているのが現状です。栄養状態を維持改善しながらリハビリを進めていくことが重要となり、NST(栄養サポートチーム)と連携・協力して、「栄養状態を考慮したリハビリ」を目指し実践しています。また、患者さまの病気や障害に応じて各科の担当医と連携を図りながら、安全で適切なリハビリが提供できるように環境を整えています。急性期治療が一段落し、退院後もリハビリが必要な患者さまに対して、当法人内の病院・施設にある回復期リハビリ病棟・通所リハビリ・訪問リハビリを最大限活用したり、また、近隣の病院・施設とも連携をとりながら、スムーズにリハビリがご提供していけるよう努めています。また、外来通院可能な患者さまを対象に、運動器リハビリや心臓リハビリなどに関しては、担当科の医師と連携を図りながら通院によるリハビリを提供しています。

スタッフ紹介

当科の特徴

当科では、以下の基本方針でリハビリを行っています。
  1. 急性期リハビリテーションを365日提供し、早期の機能回復、生活復帰を目指します。
  2. 十分なリハビリテーションの介入と確かな技術を安全に提供します。
  3. 多職種の専門性を発揮し、相互の連携を図り、チームアプローチを展開します。
  4. 自己研鑽に励み、常に患者さま・ご家族の満足が得られるよう努めます。
急性期疾患の治療に主眼をおき、発症当日または数日以内に早期離床、早期回復を目指し、手術や疾患によって低下した筋力や体力、麻痺などの身体機能の回復を目指した機能訓練を中心に、能力障害に対する基本動作訓練や日常動作訓練を行い、社会・自宅復帰へのお手伝いをさせていただきます。また、疾患によっては継続的な治療や訓練が必要な場合があり、病状が安定しより負荷量の増加が可能になる回復期リハビリテーション病棟への橋渡しを担っています。

●体制について

医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、アシスタントが一丸となって患者さまを支えます。最新の機器を駆使し、スタッフは日々新しい知識・技術の獲得のために、学会・研修会等にも参加し、前向きに取り組むスタッフが多数在籍しております。
スタッフ総勢 149名
医師 1名
理学療法士 88名
作業療法士 34名
言語聴覚士 22名
アシスタント 4名
※2022年9月時点

●専門分野の資格保有者

当科では理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の資格だけでなく、専門性を高める為に、様々な資格取得にも積極的に取り組んでいます。
認定理学療法士
(脳卒中、運動器、呼吸、代謝、循環)
15名
3学会合同呼吸療法認定士 14名
心臓リハビリテーション指導士 7名
糖尿病療養指導士 5名
肥満症生活習慣改善指導士 2名
終末ケア専門士 2名
認知症ケア専門士 1名
NST専門療法士 1名
リハビリテーション栄養指導士 1名
サルコペニア・フレイル指導士 1名
心不全療養指導士 1名
※2022年9月時点

特に力を入れているリハビリテーション

当科では、特に力を入れている3つのリハビリテーションがあります。
  1. リハビリテーション栄養
  2. 集中治療領域でのリハビリテーション
  3. ロボットリハビリテーション

1.リハビリテーション栄養

栄養管理を取り入れたリハビリを目指して「栄養を考慮したリハビリ」、「栄養状態を維持、改善しながらのリハビリ」を心がけています。そのために、医師、管理栄養士、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、検査技師等からなる栄養サポートチーム(NST)と密接に連携しながら進めています。外来リハビリ部門では、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者さまのリハビリや、心臓疾患の患者さまのリハビリにおいても栄養指導、栄養強化食品を併用した筋肉トレーニング・持久力トレーニングを取り入れ、栄養管理をしながらのリハビリを開始しており、少しずつ効果が得られて来ています。「リハビリ栄養」についてのご不明な点はお気軽にご相談ください。

2.集中治療領域でのリハビリテーション

当院では集中治療室(ICU)と脳卒中集中治療室(SCU)を有しており、ICUでは内科系、外科系を問わず、呼吸、循環、代謝その他の重篤な急性機能不全の患者さまに、SCUでは発症して間もない、病態が不安定な患者さまに対して、様々な職種が協力して集中的な治療にあたります。
当科では集中治療室に理学療法士が常駐し、ベッドの上でも、からだを動かし、合併症予防や早期機能回復を目的に積極的なリハビリテーションを行っています。

3.ロボットリハビリテーション

平成28年より歩行訓練用のロボットスーツ(HAL)を東海地方初で導入しています。神経難病の患者さまを対象に安全使用講習を受けた理学療法士などが、HALを安心・安全に使用することに注力しております。現在では、腰用HALも導入し、訓練のバリエーションを増やして対応しています。

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料 I
  • 運動器リハビリテーション料 I
  • 呼吸器リハビリテーション料 I
  • 心大血管リハビリテーション料 I
  • 廃用症候群リハビリテーション料 I
  • がん患者リハビリテーション料

リハビリテーションの種類

●脳血管疾患リハビリテーション

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)により、麻痺が生じてしまった患者さまに対して、機能面だけでなく日常生活動作(食事・整容・歩行等)や高次脳機能障害に対しての訓練を行っています。

●運動器リハビリテーション

骨折や筋肉・腱断裂など、骨や関節に障害を持つ患者さまに対して、筋力向上、関節可動域改善、動作の獲得を目的とした訓練を実施しています。

●呼吸器リハビリテーション

手術後などに人工呼吸器で管理されている患者さまや、肺気腫や慢性的に呼吸器の病気により生じた障害をもつ患者さまに対して、可能な限り機能を回復あるいは維持させることにより、患者さま自身が自立できるよう、継続的なリハビリテーションを実施しています。

●心大血管リハビリテーション

心筋梗塞や心不全、心臓血管手術後などの患者さまに対して行っています。
運動療法以外に患者教育、食事療法、社会的心理サポートなどを含む包括的なアプローチを実施しています。

●廃用症候群リハビリテーション

廃用症候群とは、過度の安静により生じる障害のことをいいます。障害には、筋肉の萎縮や関節の動きが悪くなったり、せん妄(軽度の意識障害の中で、幻覚、錯覚、異常な行動をとること)などがあり、これらの症状を改善するための訓練を実施しています。

●がん患者リハビリテーション

がんの治療のために入院している患者さまを対象に、がん患者リハビリテーションに関する適切な研修を修了した療法士が対応します。

●対象疾患の内訳(入院患者)

外来リハビリテーション

病気の症状が安定しており、入院治療を必要としないけれども、機能障害や日常生活動作に支障をきたしている方に、ご自宅から通院していただき、より充実した在宅生活を送れるようにリハビリテーションによる支援をさせていただいています。外来リハビリテーションの対象となる方は、当院で整形外科手術された方や心大血管疾患の治療後で体力向上や再発予防を目的としております。

外来での心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションとは、心筋梗塞や狭心症の治療後の方や、心臓手術を受けた後に行うリハビリテーションのことです。術後の生活に対する不安を解消し、できる限り早く安全に社会復帰を果たし、通常の日常生活に戻れるように行います。また、精神的不安定を解消したり、再発防止のためにも一宮西病院では力を入れています。ひと昔前までは『手術の後は安静にしていてください』というのが一般的でした、しかし、最近は医学的管理のもとで有酸素運動などのトレーニングを行うことで運動能力の改善や自律神経機能などが良くなり、再発のリスクを下げる効果があることがわかってきました。手術が成功したから、治療が終わったというわけではなく、長い時間をかけて医師や看護師はもちろん食事の改善を指導する栄養士や、適切なお薬の飲み方を指導する薬剤師、そしてリハビリテーションスタッフがチームになって、個人個人にあった指導を行い心臓を通して全身を診ていくことが重要になってきます。

●心臓リハビリテーションの特徴

当院では個人にあった適切な指導を行うために心肺運動負荷装置という機械を導入しています。心臓の異常は安静時には発見や診断が難しいため、運動負荷をかけ心拍や血圧、心電図の変化に異常があるかどうか、また個人の運動能力を調べ、どのような運動がその人に合っているのか、また時間や頻度などを指導するために心大血管リハビリテーションを始める際にまず行う検査です。また無理なく有酸素運動を続けることで、高血圧の改善や血糖値の改善、運動能力や体力が向上し骨も丈夫になることで心臓への負担も少なくなります。ですので、リハビリテーションが終了しても日々、無理のない程度に運動を続けることも健康に過ごす上で重要です。