グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




内分泌・糖尿病内科


ホーム > 内科系 > 内分泌・糖尿病内科

メッセージ

内分泌・糖尿病内科

内分泌・糖尿病内科では、糖尿病・高脂血症・高尿酸血症・二次性高血圧などの代謝疾患と、下垂体・甲状腺・副甲状腺・副腎などホルモン分泌に関係する病気 (内分泌疾患)を診療しています。生活習慣病の一つである糖尿病治療は、患者さま自身の病気に対する正しい理解と、日常の自己管理ができるかが重要なポイントです。このため、当科では各分野の専門家からなる糖尿病チームを結成し、糖尿病教室・教育入院・個別食事療法・運動療法を通じて患者さま一人ひとりにきめ細かいアドバイスをさせていただくよう努めています。内分泌疾患は、体型・体質・性格の変化・倦怠感や焦燥感などのつらい症状があるものの、障害臓器が特定されにくいため見過ごされやすく、時には「気のせい。精神的なもの。」と漫然と放置されている場合があります。こうした症状の患者さまに対しては、内分泌学的なアプローチで病気を見つけ出し、治療を行っています。当院は2009年より日本糖尿病学会認定教育施設、2014年からは日本肥満学会認定肥満症専門病院の認可を受け活動しております。

対象疾患と診療内容

糖尿病

内分泌疾患

甲状腺疾患

肥満症

外来担当表

スタッフ紹介

症例数

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
全体 延通院患者数/年 18,505 15,622 16,036 15,489 17553 19683
総入院患者数/年 688 506 514 583 617 655
糖尿病 糖尿病教育入院患者数/年 53 55 56 72 61 104
インスリン注使用患者数(外来)/月 280 303 333 347 352 311
GLP-1受容体作動薬使用患者数(外来)/月 130 103 99 93 93 118
内分泌 甲状腺超音波検査数/年 429 519 466 371 359 497
甲状腺細胞診数/年 117 281 230 174 137 132
甲状腺手術件数/年 19 24 24 17 17 26