グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ロボットスーツ医療用HAL(ハル)


ホーム > 内科系 > 神経内科 > ロボットスーツ医療用HAL(ハル)

HAL(ハル)とは

ロボットスーツ医療用HAL

装着することで、身体機能を改善するロボット治療機器です。当院では患者さまの歩行改善に利用します。

あなたの思いに合わせて動きます。
脳から筋肉に送られる微弱な生体電位信号(BES)を皮膚表面から検出し、各関節に配置されたパワーユニットを駆動させることで、装着者の“動作意思に従った動作”を実現します。

より安全に、積極的な歩行訓練が可能です。

HALは詳細な設定が可能です。患者さまの重症度や能力変化に合わせて「感度」「アシスト強弱」「バランス」などの調整ができます。

HALの仕組み

1

人が動こうとした時に、その意思は生体信号となり、神経を通じて脳から筋肉へと伝達されます。

2

その際に表面皮膚に現れる微弱な生体電位信号を検出し解析します。


3

その信号に応じてHALが動き、装着者の意思による動作が実現します。


 ロボットスーツ医療用HAL(ハル)

 ロボットスーツ医療用HAL(ハル)

HALを安全に使用するために

神経内科の水井医師は「HAL医療用下肢タイプ講師」の資格を有しております。また、安全使用講習を医師や理学療法士など多くの医療スタッフが受講するなど、HALを安心・安全に使用することに注力しております。
<HAL安全講習実績> 2016 2017
人数 人数
医師 5 2
理学療法士 5 16
看護師 1 0
合計 11 18