グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




乳腺・内分泌外科


ホーム > 外科系 > 乳腺・内分泌外科

メッセージ

乳腺・内分泌外科

乳腺・内分泌外科では乳腺症、乳癌などの乳腺疾患と手術適応のバセドウ病や甲状腺腫瘍などの甲状腺疾患、副甲状腺疾患、副腎疾患を診療しています。

対象疾患と診療内容

乳腺外科

乳がんはライフスタイルの変化から近年日本でも急増しており、発症率は20人に1人と言われています。年間約40,000人の女性に乳癌が見つかり、約 10,000人の女性が亡くなられています。今後もさらに増加していくことが予想されます。なかでも40~50歳代の働き盛りの女性が最も多く、本人だけでなく家族や子供たち、社会にとっても大きなダメージとなります。こういった現状に対し、少しでも多くの女性が安心して日常生活を送っていただけるよう、スタッフ一同取り組んでいます。当院では細胞診、針生検に加え、マンモトーム生検(マンモグラフィガイド下、超音波ガイド下)を開始し、より確実な診断を行なうことが可能となりました。術前検査ではマンモグラフィ、超音波に加え3.0T MRI、320列CTを行なうことにより最適な術式を選択、EBM(Evidence Based Medicine:根拠に基づく医療)に基づき術後の治療、フォローアップを行っていきます。センチネルリンパ節生検(※)は、色素法、RI法の併用、また平成24年4月より形成外科開設に伴い、乳房再建術(一期的、二期的)も選択可能となりました。再発進行乳癌に対してもQOL(Quality Of Life:生活の質)を重視した診療を行っています。
センチネルリンパ節生検とは?
センチネルリンパ節生検とは、がんが転移する時に最初に到達するリンパ節を調べて、リンパ節郭清(悪性腫瘍のリンパ行性転移に対する処置としてリンパ節を切除する外科的治療法)の必要性を判断する検査です。
【乳腺疾患】
  • 乳房症状(乳房痛、腫瘤、乳頭分泌など)に対する精密検査、乳癌検診、二次精密検査
  • 細胞診、組織診(針生検、マンモトーム生検、外科的生検)
  • 手術
  • 化学療法(術前、術後補助、進行再発)
  • 内分泌療法
  • 放射線療法
【乳がん確定診断までの流れへマンモトーム生検のご案内】
乳がんは早期発見が大切です。乳がんは早期に発見、早期に治療した場合、完治する可能性が高くなります。月に一度は、乳がんの自己検診を行ない、しこりなどの異常を感じたら、すぐに受診するようにしましょう。検査をご希望の方は、お気軽に医師または検査技師、看護師までお尋ねください。

乳がんに関する5つの疑問

女性であれば誰でも気になる病気「乳がん」ですが、症状や手術法などについてよく知らない人も多いのではないでしょうか。乳腺・内分泌外科部長の石黒清介医師に、乳がんにまつわる5つの疑問をお話してもらいました。

1. 乳がんとはそもそもどんな病気ですか?

乳がんに関する5つの疑問

乳房にできる悪性腫瘍のことです。乳房は乳腺と脂肪からできていますが、その乳腺を構成する「乳管(母乳を乳頭まで運ぶ管)」で多く発生します。乳房の変化に気付かないままでいると、がん細胞が乳腺の外へ広がり、転移する危険もあります。

2. どんな人がなりやすいのですか?予防方法はありますか?

乳がんの発生や進行には、女性ホルモンの「エストロゲン」が関係しています。これは月経の終わりごろから排卵前に多く分泌されます。初潮年齢が早い、閉経が遅い、出産経験がないなど、エストロゲンにさらされる期間が長い人は、それだけ乳がんになりやすいと言えます。これといった明確な予防は残念ながらありませんが、他の疾患と同じように、生活習慣が荒れると危険が増すと言えるのではないでしょうか。健康維持の点からも、カロリーコントロールや適度な運動を心掛けることも大切です。

3. 40歳以上を対象にマンモグラフィ検査が行われるようになりました。これでどんな乳がんでも 見つけられるのですか?

マンモグラフィは乳房のX線検査で、乳がんの検査方法の一つです。これ以外にも「視触診」「超音波(エコー)検査」があります。実はマンモグラフィではわかりにくい場合もあるのです。特に40歳未満の若い方だとその傾向が高くなります。若い方とご年配の方とでは乳腺の濃度が違うのが理由です。マンモグラフィではがんは白く映るのですが、濃度の高い乳腺も白く映ります。若い方は乳腺がたくさん残っているため、異常がわかりにくくなるのです。乳がんと診断された患者さんの約10%が、実はマンモグラフィに映っていませんでした。またエコーは放射線を使わないので妊婦の方にも安心ですが、今はまだ検診における有効性の検証をしている段階です。

4. もし乳がんと診断されたら、手術をしなくてはいけませんか?

手術は治療のひとつです。手術で取りきってしまえば治るがんもありますが、小さくても他に転移しているがんもあります。そういうがんは手術後の治療が大切です。でも最近では、“術後の補助療法として化学療法を行うなら、術前からやっておこう〞という考えもあります。術前の薬で完全に消えてしまうようながんは、とても予後が良いといわれています。でも、まだまだ薬だけで治すことは難しいので、手術で病変を取り出し、その性質を調べ治療方針を決めていくというのが一般的です。

5. 乳房再建という言葉をよく聞きますが、具体的にはどういうものでしょうか?

まず、乳房を残しながらがんを切除する手術を「乳房温存手術」と言います。1990年代から温存療法が始まりました。術後のQOL(生活の質)を保つためにもこの手術方法は増えていますが、必ずしも温存すれば良いというわけではないと思います。がんの広がりにより温存に向いているか否かを判断します。温存療法が出来ない(乳房を切除しなくてはいけない)ような乳がんの場合に行うのが、乳房再建です。ご自身の体の一部(腹直筋や広背筋)を用いる方法と、人工物を用いる方法とありますが、いずれも保険が適用されます。若い患者さんの場合は、この選択肢は良いかもしれません。

内分泌外科

甲状腺疾患、副甲状腺疾患、副腎疾患の診療を行っています。手術療法、薬物療法を必要に応じて行い、副腎腫瘍は鏡視下手術も行っています。内分泌外科は専門性の高い分野で、当院では経験豊かなスタッフが揃っています。
【内分泌疾患(内分泌内科との連携)】
  • 甲状腺疾患(腫瘍、機能障害、バセドウ病)
  • 副甲状腺疾患(副甲状腺機能亢進症)
  • 副腎疾患(ホルモン産生腫瘍、非機能性副腎腫瘍)

外来担当表

スタッフ紹介

症例数

乳腺・内分泌外科の手術件数はこちら