グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




形成外科


ホーム > 外科系 > 形成外科

メッセージ

形成外科は身体に生じた組織の異常や変形、欠損などに対して正常にきれいになおしていくという診療科です。その際には、正常に機能することだけでなく見た目などにも配慮し、今後のQOL(生活の質)に貢献し、その人の人生に深くかかわります。脳や眼、心臓などの部位や臓器別の疾患ではないので聞きなれない方も多いかもしれませんが、傷を治すプロとして、どんなことでも頼まれれば“できない”と言わないことをモットーとしてどうしたら患者さんの現状を改善できるかと他の診療科と連携し、話し合いながら治療方針を決定していきたいと考えています。

対象疾患と診療内容

外傷

  • 切創(切りきず)
  • 擦過傷(すりきず)
  • 裂挫創(皮膚が裂けたきず)
  • 刺創(刺しきず)
  • 咬傷(咬みきず)
治療後に気になる痕なども相談を受けます。

熱傷(やけど)

治癒後にひきつれてしまった場合や、やけど痕などもご相談ください。

顔面骨折

顔面骨折とは顔の骨格を形成する骨のことでとても複雑な形をしています。顔の形態と機能に重要な役割を果たしています。鼻が折れたら耳鼻科、目の周り(眼窩)が折れたら眼科と思われがちですが、形成外科では顔面全体を治療することができます(現在は緊急の場合、それぞれの科にて処置をすることになりますが、治療後についてご相談をお受けします)。

乳房再建など(術後の再建も含む)

乳房再建とは乳がんの手術によって失われたバストの形態を手術によりできるだけ元の形に復元することを言います。
乳房再建の希望がある、または考えてみたいと思われる患者さまは乳がん手術前に乳腺・内分泌外科の担当医に相談してみてください。
また、乳がん手術が終わった後でも、乳房再建の話を聞いてみたい場合はぜひご相談してください。

先天異常

先天性眼瞼下垂、臍突出症・臍ヘルニア、漏斗胸など、小耳症、埋没耳、その他耳の変形(折れ耳、たち耳など)、副耳(ふくじ)など。

その他

母斑(あざ)、皮膚のできもの、褥創(じょくそう・床ずれのこと)、治りの悪い傷、放射線潰瘍(がんに対する放射線治療の痕)等。

藤田保健衛生大学形成外科のバックアップの元、診療をおこなっていきます。何かご不明な点などがございましたらご相談ください。

外来担当表

スタッフ紹介

症例数

2017年 2018年
入院 外来 入院 外来
再建乳房乳頭形成術 0 0 1 0
耳介形成手術 0 1 0 1
全層植皮術 2 1 4 0
動脈(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後)一次的に行うもの 4 - 1 -
皮弁作成術 4 - 6 1
副耳介切除術 0 2 2 3
瘢痕拘縮形成手術 3 2 2 2