グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




クリニカルパス


ホーム > 病院紹介 > 取り組み > クリニカルパス

クリニカルパスとは

クリニカルパスとは、病気ごとに患者さまが受ける治療や検査、看護ケアなどの標準化されたスケジュールを、時間軸に沿って表にまとめたものです。医療者用と患者さま用が作られており、患者さま用クリニカルパスは、わかりやすい言葉を用いたりイラストを挿入したりして患者さまが理解しやすいように工夫されています。
従来の“医師によってばらつきがあった医療の内容”を標準化し、医師、看護師をはじめ、医療にかかわるスタッフ全員が患者さまの治療計画を共有します。これをチーム医療に役立て、医療の安全や医療の質の向上を目的としています。
しかし、すべての患者さまにクリニカルパスが使用できるわけではありません。標準化が難しい病気の場合や患者さまの状態によっては、クリニカルパスが使用できないこともあります。ご了承ください。

患者さまの利点

  • 入院中に受ける検査や治療の予定、日々の目標がわかるため、安心して治療に参加できます。
  • あらかじめ退院日がわかるため、退院後の予定がたてられます。
  • クリニカルパスに示される標準的な経過と自分の経過を比較することにより、患者さま自身で経過が順調であるかどうかを確認することができ、また異常の早期発見も可能となります。


クリニカルパス一覧

現在、当院では約170種類のクリニカルパスを使用しており、今後もより多くのクリニカルパスを作成してこのページに公開していく予定です。当院での主な病気の治療、検査の患者さま用クリニカルパスを紹介します。