グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




循環器内科


ホーム > 内科系 > 循環器内科

メッセージ

循環器内科

動脈硬化、あるいは動脈硬化性疾患という言葉を耳にする機会がますます増える中で、現在我が国においては、60歳以上の男性の約80%、女性の約60%に何らかの動脈硬化性疾患の元となるリスク(喫煙や肥満、糖尿病や高血圧など)を持っているといわれます。一方、日本人の死亡原因の1位は悪性疾患(ガン)ですが、2位の心血管疾患(16%)と3位の脳血管疾患(9%)はどちらも動脈硬化関連疾患であり、併せて日本人の死亡原因の4分の1を占めております。我々、循環器内科はこの中でも特に心臓疾患に特化した診療を行っており、時に内服治療、時にカテーテル(細いチューブ)による検査や血管内治療を駆使することで、みなさまの健康を守ってゆく使命を負うものであります。また、動脈硬化はいわゆる全身疾患であり、心臓に留まらず、下肢動脈や腎動脈などの動脈硬化性疾患に対しても、適切な診断と治療を提供させていただきます。
24時間365日、心血管疾患の発症はときを選びません。そして命を危険に晒す病気である心筋梗塞は、その発症から治療までの時間が短いほど、その後の後遺症なく長生きで過ごせるとされます。ゆえに、我々循環器内科は、こうした緊急疾患に対応するべく24時間365日、常に循環器専門医師が病院内で勤務しており、いつでも専門性の高い診察と迅速な治療が行えるようになっております。我々は、この尾張地域の皆様が、日々安心して健康に過ごすために努力を決して惜しみません。

対象疾患と診療内容

対象疾患

虚血性心疾患全般(狭心症、心筋梗塞など)、心臓弁膜症、心筋症(特発性、2次性含む)、高血圧性心疾患、感染性心疾患、心膜疾患、大動脈疾患、下肢動脈疾患などの末梢動脈疾患、腎動脈疾患、先天性心疾患、不整脈全般、頻脈性不整脈(心房細動、心室性頻拍など)、徐脈性不整脈(洞不全症候群、房室ブロックなど)、心不全全般、肺高血圧症、肺動脈血栓塞栓症、深部静脈血栓症、高血圧、難治性高血圧症、高コレステロール血症、高脂血症、動脈硬化予防

可能な検査・治療・手段

可能な検査・治療・手段

【生理検査】
12誘導心電図、運動負荷心電図、ABI、エルゴメーターによる心肺機能検査(CPX)、Holter24時間心電図

【画像検査】
経胸壁心エコー図検査、カテーテル造影検査全般、冠動脈CT(320列)、心筋シンチグラフィー、経食道心エコー図検査、肺血流シンチグラフィー

【治療・手段】

カテーテル検査・治療とは

カテーテル検査・治療とは

虚血性心疾患、つまり狭心症や心筋梗塞の診断、治療にカテーテルは不可欠です。「カテーテル」とは細いチューブ全般のことです。検査用カテーテルは太さが約1.3㎜、治療用カテーテルは2~2.5㎜であり、造影剤や治療用の器材が中を通過します。カテーテル検査/カテーテル治療はこのような細いチューブを使用するため、体に大きな傷を残すことなく、比較的低侵襲で行うことが可能です。当科ではカテーテル検査は2泊3日、カテーテル治療は3泊4日の入院にて行っております(検査・治療内容で変更もあります)。カテーテル治療の使用される医療機器の主なものにバルーンとステントがあります。バルーンとは先端に収縮した状態の小さなバルーン(風船)がついた細い管のことで、この風船をふくらませることで、狭くなっている血管を大きく広げることが可能です。ステントは金属製の網状の筒で、冠動脈の狭くなった部分に留置して血管を広げた状態で保持しておく目的で使用されます。カテーテルで行う冠動脈の治療のことをPCI(経皮的冠動脈インターベンション)、下肢などの動脈の治療のことをEVT(血管内治療)と呼んでおります。

バルーン

バルーン

写真のような細い血管内の狭窄病変を拡張するためのチューブをバルーンと呼びます。たたんだ状態で病変まで送り込んで良い位置で広げます。太さは細いもので1.0㎜、太い足用のもので10㎜程度、長さも1㎝より短いものから30㎝までと幅広いです。最近ではこのバルーン表面に薬剤を塗布したタイプのものもあり、薬剤が内膜の過増殖を抑制することで治療後の再狭窄を予防します。※現在薬剤塗布バルーンはステント留置後の再狭窄病変に対して適応とされております。

ステント

ステント

上の写真は拡張前のステントです(写真は足の血管用のステントシステムですが、冠動脈用ステントも仕組みは同様です)。このようにバルーン(血管治療用風船)にたたんだ状態で収められております。これを目的の病変まで持っていき、風船ごと広げることで拡張させて血管の内腔に圧着させます。

下の写真は拡張させたステントです。冠動脈用のステントは現在直径が2.25㎜から4.0㎜までがあります。写真をご覧のように非常に小さいものですが、曲がった血管にもよくフィットするような工夫や、耐久性(長年の経過で折れたり断裂しないこと)を保つ工夫もされております。そして多くのステントには再狭窄を予防する目的で、血管の内膜増殖を抑制する薬剤が塗布してあります。ステント治療のあと、ステントに血栓が付着して急に詰ることを予防する目的で、最低半年間は抗血小板剤(血液を固まりにくくする内服薬)を2種類飲んでいただきます(抗血小板剤2剤内服継続の期間は施設によって異なることもあります)。

虚血性心疾患

狭心症

狭心症

冠動脈(かんどうみゃく)という心臓の表面にある重要な血管が狭くなったり、詰ったりすることで、心臓が動くために必要な血 流が障害される病気を、虚血性心疾患と呼びます。症状は、運動などをした際の胸部症状(胸痛・圧迫感・詰る感じ・動機)等ですが、ご高齢の方などで十分な運動をされない場合には、これらの症状がない(無症候)こともあります。しかしながら、経過の中で急に詰る(心筋梗塞)ことや、徐々に心臓の動きが悪くなる(心不全)といった疾患へ進展してゆく可能性が高いため、狭窄の程度や心臓への血の巡りの悪さ(心筋虚血)の程度によって、適切な治療を受ける必要があります。当院ではまず心エコー、320列マルチスライスCT、心筋シンチグラフィーによる画像診断をはじめとした比較的非侵襲的な検査を行います。そして虚血性心疾患の疑いが強い際にはカテーテル検査をお勧めしております。

心筋梗塞

心筋梗塞

急性心筋梗塞とは、循環器疾患の中でも特に一刻を争う急性疾患のうちの一つです。動脈硬化によって形成された冠動脈内のプラーク(脂質を含む内膜病変)が破綻して、そこに血の塊(血栓)が付くことで血管を完全に詰めてしまう病気です。一般的に発症は急激な胸痛として自覚されますが、左前胸部から左肩・首筋・顎への痛みの放散もみられ、顎から歯が痛くて歯科受診したら実は心筋梗塞だった、というように症状は多彩です。ひとたび心臓の血管が詰ると心筋壊死が始まります。そして壊死した心筋はもとには戻らず、重篤な合併症(心不全・致死的不整脈・心破裂)を起こす可能性が高くなります。従って、心筋梗塞は発症から治療までの時間が短いほど、その後の予後に影響するといわれております。我々は休日・深夜であっても、心筋梗塞患者の来院から治療までの時間(door-to-balloon time)90分以内を実現できるように24時間循環器内科医師が院内に待機しておりいつでも対応できる準備をしております。

【実際の治療】/72歳:男性
高血圧の治療をかかりつけ医にて受けておられ、一日タバコを15本ほど吸っていました。夜間入浴中に急な胸痛を自覚したため、救急要請され、当院救急外来に受診となりました。救急外来での心電図や採血等の検査で心筋梗塞が強く疑われたため、夜間ではありましたが緊急でカテーテル造影検査を行いました。結果、右冠動脈の途中で血栓性閉塞が確認されましたので、引き続き緊急カテーテル治療を行っております。血栓を吸引した後に2.5㎜径のバルーンで血管拡張を行い、3.5㎜直径のステントを留置拡張しております。中等度の心筋壊死をみとめましたが、経過もよく14日で退院され、現在外来通院されております。

治療前

治療前

治療後

治療後


末梢動脈疾患(PAD)・重症下肢虚血(CLI)に対する血管内治療(EVT)

末梢動脈疾患(Peripheral Artery Disease ; PAD)

末梢動脈疾患(Peripheral Artery Disease ; PAD)

聞きなれない病気かもしれませんが、動脈硬化によって足の血管が狭くなったり、詰ったりする病気のことを末梢動脈疾患(通称PAD:パッド)と言います。歩行時の足のだるさや痛み(しばらく休むと症状がとれてまた歩けるようになる;間欠性跛行)といった症状から始まり、病気が進行してくると、安静にしていても足が痛い、あるいは足にできた傷がなかなか治らないといった症状に変化してゆくことがあります。症状は整形外科が取り扱う疾患である腰部脊柱管狭窄症とも似ており、どちらの病気も合併している場合もあります。日本人では70歳以上のかたの7-8%に見つかる病気です。検査は外来での血管エコーやABI(手と足の血圧を同時に測定する検査)、MRAや下肢動脈の造影CT等を行い、比較的簡単に見つけることができます。治療は、症状の程度や病変の部位にもよりますが、まずは禁煙や内服・運動療法を行い、それでも症状が取れない場合は足の動脈のバイパス治療やカテーテルを用いた血管内治療(通称EVT:バルーンやステントを用いて狭くなった血管を広げます)による血行再建を行います。日本人では、末梢動脈疾患患者の約4割が脳血管疾患あるいは心血管疾患を合併しているといったデータもあり、足の症状であっても実は脳梗塞・心筋梗塞予備軍である可能性も高いのです。そのため、早期発見・早期治療が重要となります。2015年、循環器内科では80件の下肢動脈の血管内治療(EVT)を行っており、間欠性跛行や下肢の創傷治癒遅延といった症状に悩む患者様と日々向き合っております。 また造影剤アレルギーや腎機能障害のある患者様におきましても、造影剤を極力使用しない、炭酸造影法という方法での血管内治療も行っており、治療に伴う患者様への負担をより軽減できるよう努めております。

【実際の治療】/68歳:女性
高血圧と高コレステロール血症、糖尿病の治療をかかりつけ医にて受けておられましたが、約150mの歩行で右のふくらはぎが痛くなって歩けなくなるといった症状で来院されました。内服・運動治療で経過をみましたが、症状に改善がなく、患者様とご相談の上、血管内治療を行っております。治療は局所麻酔にて、右鼠径動脈(足の付け根)からカテーテル(細い治療用チューブ)を入れて、浅大腿動脈という太ももの辺りを走る血管に高度狭窄を認めたため、5mm径のバルーン(治療用の風船)を拡張することで血流を改善させることに成功しております。
治療後は血流も改善し、歩行時の痛みもなくなりました。元気にジムにも通われておられるとのことです。

治療前

治療前

治療後

治療後

重症下肢虚血(Critical Limb Ischemia ; CLI)

重症下肢虚血(Critical Limb Ischemia ; CLI)

動脈硬化によって細くなった足の血管をそのままにしておくことで、最重症になってしまった病気のことを重症下肢虚血(CLI)といいます。症状は安静時の足の痛みを伴う痺れや冷感や、出来た傷が治らない(創傷治癒遅延)、足壊疽などで、いずれも下腿切断を余儀なくされる場合が多いために、比較的すみやかな診断と治療が必要とされます。当院では皮膚科の先生方とも連携し治療を行います。創傷治癒の為には「局所の処置、感染のコントロール」・「全身状態の改善」・「足への良好な血流」が必要です。足への良好な血流を得るための血行再建には外科的バイパス手術とカテーテルでの血管内治療がありますが、当科ではカテーテルでの血管内治療を行っております。

脂質異常症と専門外来

「動脈硬化の危険因子」としての脂質異常症

動脈硬化の危険因子には、高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙、慢性腎臓病などがあげられます。虚血性心疾患や末梢動脈疾患は、これらの危険因子を多く有する場合に早く発症、または再発してきます。当科では虚血性心疾患や末梢動脈疾患に対する治療のみならず、リハビリテーション科、糖尿病内科や栄養士とも連携しながら、これらの病気の予防治療も行います。特に脂質異常症に関しては専門外来を設けて治療にあたっています。「脂質異常症」とは、高LDL(悪玉)コレステロール血症、高中性脂肪血症、低HDL(善玉)コレステロール血症の総称をいいます。なかでも脂質異常症のうちの家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体(遺伝で高脂血症になりやすい人)は約500人に1人と高頻度であり、冠動脈疾患の発症頻度がきわめて高いことから、その診断は非常に重要です。当科ではその診断と治療を積極的に行い、虚血性心疾患や末梢動脈疾患の発症の予防に努めています。

家族性高コレステロール血症患者のアキレス腱の肥厚(左)と治療を施された冠動脈(右)

家族性高コレステロール血症患者のアキレス腱の肥厚(左)と
治療を施された冠動脈(右)

「動脈硬化の危険因子」としての脂質異常症


心臓リハビリテーション

当院では心臓リハビリに積極的に取り組んでいます。心臓リハビリとは心臓の病気で心臓の力が落ちてしまったり、心臓が悪いために運動ができない人に適切なリハビリ指導を行い、心臓疾患の悪化がなく生活できることを目標としています。動脈硬化の予防や進行抑制だけでなく、社会生活に適応できる環境づくりを目指すものです。CPX(Cardiopulmonary Exercise Training,心肺運動負荷試験)は呼気ガス分析を併用して行う運動負荷試験です。この検査により心臓、肺、血管の評価を行うことで、どの臓器に不具合が生じているのかを調べることができます。また狭心症や心筋梗塞と診断された方や心臓が悪いといわれる方がどのくらいまで運動ができるのか、あるいはどのくらいの運動を普段したらいいかを判定するのに使います。検査結果に基づいた心臓リハビリによる運動療法にて行うことでより安全に運動を行うことが可能となります。心臓が悪いといわれて運動をやりたいけど一人できずに困っている方、心不全悪化を繰り返すためリハビリがなかなかすすまない方には心臓リハビリでの通院をしていただき、徐々に生活の質を高めることを目標にしています。

CPX(Cardiopulmonary Exercise Training,心肺運動負荷試験)について

[検査目的]
  • 運動耐容能測定
  • 心不全重症度判定
  • 心血管イベント(狭心症・不整脈)発症閾値
  • 息切れ等の精査
  • 運動処方箋作成
[検査方法]
自転車をこいでいただきます。まず呼気ガス分析のため専用マスクを着用していただきますが、これが運動の支障になったり、呼吸困難になったりすることはありません。最初に安静の心電図を4分間測定し、その後運動を始めていただきます。少しずつ運動を強くしていき、足がきつくなるか、呼吸が苦しくなるか、もしくは胸が痛くなるまで運動を続けていただきます。その後4分間は安静にして心臓と肺の回復状況を調べます。検査時間は約30~50分です。

心肺運動負荷検査(CPX)の様子

心肺運動負荷検査(CPX)の様子

[検査時の注意点・お願い]
  • 予約時間の10分位前にご来院下さい。
  • 検査時、極端な空腹状態は避けて下さい。検査前に食事をされる方は、1時間前までに軽く召し上がってください。ただし、アルコール、タバコはさけて下さい。
  • 自転車をこいで運動していただきますので、当日体調不良や、ひざが悪いなど足に問題がある方は必ずお知らせ下さい。
  • 検査についてのご質問があれば遠慮なくおっしゃってください。
[検査時に準備していただくもの]
  • 運動しやすい服装(トレーナーや半ズボンなど)
  • 運動靴
  • タオル
  • 水やお茶など水分(500ml程度のペットボトル)

一宮西病院不整脈センターでは心臓病の一つに分類される不整脈に対して、以下の治療および検査を専門的にご提供しております。不整脈診療に必要な新しい知識と治療を適切に提供する目的で2012年度より日本不整脈学会・日本心電学会が合同で不整脈専門医制度の運用を開始しています。当科は日本不整脈学会・日本心電学会認定不整脈専門医が診療を担当している日本不整脈学会・日本心電学会認定不整脈専門医研修施設です。

外来担当表

スタッフ紹介


症例数

2017年 2018年
PCI(経皮的冠動脈形成術) 595 556
┗ うち待機的 412
┗ 緊急 144
EVT(末梢血管形成術) 171 151
CAG(冠動脈造影検査) 1355 1118
全てのアブレーション治療 168 166
ペースメーカー植え込み 62 72
ICD(植え込み型除細動器) 18 16
CRTD(心臓再同期療法) 10 7
年間入院患者数 2306 2442