グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




TAVI(タビ)経カテーテル大動脈弁留置術


ホーム > 内科系 > 循環器内科 > TAVI(タビ)経カテーテル大動脈弁留置術

2019年11月、「TAVI(タビ)・経カテーテル大動脈弁留置術」を実施しました

一宮西病院は2019年11月、「TAVI(タビ)・経カテーテル大動脈弁留置術」を実施しました。当治療の実施施設は、尾張西部医療圏では2施設目となります。

TAVIとは

心臓弁膜症疾患である「大動脈弁狭窄症」に対する治療法であり、開きが悪くなり血流を妨げる大動脈弁に対し、手術で胸を切る(開胸する)ことなくカテーテルを用い、硬くなった大動脈弁の内側に人工弁を植え込む治療法です。TAVIは開胸することなく、また心臓も止めずに行えるため、心臓以外の病気を抱えていたり、高齢者で手術に耐えられないような大動脈弁狭窄症の患者さんに対する最新治療です。

提供:エドワーズライフサイエンス株式会社

TAVIのメリット

提供:エドワーズライフサイエンス株式会社

①バリエーションの拡大
体力が著しく低下していたり、その他の病気のリスクを持っているなど、開胸手術ができない患者さんにとっては、選択肢は広がります。

②体への負担が少ない
心臓も止めないで、胸を切ることなくカテーテルを使って人工弁を心臓に留置するので、患者さんの体への負担は少ないです。

③生活の質が向上
治療時間と入院期間が短いため、比較的早い社会復帰が期待できます。

TAVIができる病院

提供:エドワーズライフサイエンス株式会社

大動脈弁狭窄症に対する治療の新たな選択肢として、日本では2013年10月の保険償還以降、2017年には年間6000症例が行われています。TAVIの提供には循環器内科医や心臓血管外科医などを中心とするチーム医療が求められるほか、血管撮影装置が設置された「ハイブリッド手術室」において行うなど、専門性を有する施設であれば実施することが可能です。現在、愛知県内で当治療の実施施設に認定されているのは、大学病院など11施設(一宮西病院を含む)のみです。※2019年11月時点。

ハイブリッド手術室とは

2018年8月1日、愛知県尾張西部医療圏では初めて【ハイブリッドオペ室】を整備しました。ハイブリッドオペ室とは、手術室と心血管・脳血管撮影装置を組み合わせたオペ室で、カテーテルによる血管内治療と外科手術を一緒に行う事ができるオペ室です。ハイブリッドオペ室が完備されたことにより、外科医と内科医の連携をより密接なものとし、最善のチーム医療の提供を目指しています。