グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


形成外科


メッセージ

形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質 "Quality of Life" の向上に貢献する、外科系の専門領域です。
形成外科で治療を受けた方々が、笑顔で再び社会生活に復帰してゆく姿を見ることが、形成外科を専門とするわたしたちの最高の喜びです。
他の診療科とも連携し、話し合いながら治療方針を決定していきたいと考えています。

対象疾患と診療内容

  • けが、きずあと
    元の形に戻すため、清浄化、感染対策、麻酔の工夫などを行っています。救急現場の担当医とも連携を図っています。骨折のうち、顔面の骨折に関しては、当科で診療しています。

  • 肥厚性瘢痕、ケロイド
    放射線科とも連携して治療を行います。

  • 瘢痕拘縮(熱傷面を含む)
    保存的な基本処置に加えて手術加療も行い機能を温存します。

  • 生まれつきの病気
    体表の様々な形態、機能にかかわる疾患に対処します。高度に特殊な処置を要する場合は、大学病院とも連携して加療にあたります。

  • 腫瘍
    体表の良性腫瘍に関しましては、幅広く対応させていただきます。皮膚悪性腫瘍に関しましては、皮膚科と連携して対応させていただきます。当院では多くの診療科で外科的治療を行っていますが、治療後に皮膚や組織欠損の問題が生じる場合、合同で治療に参加させていただいています。
  • 乳房再建

乳がんの切除により変形した、あるいは失われた乳房をできる限り取り戻すための手術を乳房再建術といいます。
乳房再建を行うことにより乳房の喪失感が軽減し、下着着用時の補正パットが不要になるなどの日常生活の不都合が減少します。
乳房再建術は手術する時期や手術法が数種類あります。

乳房再建術について※国立がん研究センター
乳房再建のための意思決定支援のWebページ※国立がん研究センター
自分らしい乳房再建を決めるガイドpdfはこちら!

pdfダウンロード

  • 緊急対応を要する疾患(蜂窩織炎、外眼筋絞扼など)
    治療の時間軸を考慮して他の診療科と連携しながら加療を行っております。

  • その他
    眼瞼下垂、眼瞼内外反、臍ヘルニアなどは、クリティカルパスを使用して予定手術を行っております。

  •  形成外科では、幅広く体表に関してのご相談を承っております。

    ※※※苦手な方はご注意ください。※※※画像をクリックすると症例画像(リンク先)へ遷移します。

    症例数

    ※入院・外来合計 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 2023年
    再建乳房乳頭形成術 0 1 1 2 0 1 0
    耳介形成手術 1 1 5 2 0 1 0
    全層植皮術 3 4 5 6 11 17 12
    ゲル化充填人工乳房を用いた乳房再建術 - - - - 15 8 1
    動脈皮弁を用いた乳房再建術 4 1 1 0 0 0 0
    皮弁作成術 4 7 10 21 35 33 30
    副耳介切除術 2 5 6 3 3 7 0
    瘢痕拘縮形成手術 5 4 2 4 2 3 1
    1. ホーム
    2.  >  外科系
    3.  >  形成外科