グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




第8回 大腸がんについて


ホーム > 病院紹介 > 健康のつボ! > 胃腸の病気について > 第8回 大腸がんについて

(小高)
このコーナーは「健康のつボ~胃腸の病気について~」食べて消化する胃や腸は、私たちの健康と切っても切れない関係。そんな胃腸の健康、胃腸の病気について、一宮西病院・胃腸科部長・消化器内視鏡副センター長の東玲治(ひがしれいじ)先生にお話を伺っていきます。

(小高)
先週は、大腸のいろいろな病気を教えてもらいましたが、やっぱり一番怖いのは「大腸がん」ですね、今日は「大腸がん」についてです!

(つボイ)
大腸がんもやっぱり、早期発見・早期治療のようですよ。

(小高)
東(ひがし)先生です。



~~~~~~~



(東)
日本でかなり増加してきてまして、食生活の欧米化が原因の1つとは言われているんですけど、男女ともに増加してます。『大腸がん』の発生パターンって、大きく分けて2種類なんですけど、ひとつは良性のポリープが大きくなる過程でがん化するもの。もうひとつは、いきなりがんができるケースです。

(つボイ)
なるほど・・・これは日頃の食事とかが原因という?

(東)
あと遺伝的なものが絡んでるケースもありまして、家族に『大腸がん』になられた方がいる場合は、若干できやすかったり。

(つボイ)
家族歴も把握しておかないといけないですね。

(小高)
あと先生、今まで色んな癌のお話聞かせて頂いたんですが・・大抵、最初の初期症状はなかなか出ないパターンが多いんですが、『大腸がん』はどうでしょうか・・・?

(東)
初期のがん症状はない・・・ですね。

(小高)
あ、やっぱりそうなんですね。

(つボイ)
進んでくるとどうなってくるんですか?

(東)
進んでくると「血便」が出ますね。『大腸がん』はもろいので、「血便」が出やすい。それを見つけるのが『便潜血検査』という検査です。

(小高)
はいはい!

(つボイ)
人間ドッグの時とか必ず検便やりますもんね。あれはこれを調べてるんですか?

(東)
そうですそうです。

(小高)
何かしら症状が出てくるわけですね。

(東)
症状が進んでくると「便秘」になりますね。あと「お腹が痛い」とか、あと「体重が減る」とか・・・「急に便が細くなった」というのも気をつけておかないといけないです。『大腸がん』今は早い段階で治りますので、早期発見・早期治療が非常に大切だということです。

(小高)
はぁ~~~~~分かりました・・・。生存率ってどの位なんですか?

(東)
生存率はステージによって違うんですけど、早期癌の場合は5年生存率は80%程と言われています。

(小高)
はぁ~~そうすると、毎回同じ話に行き着くんですが(苦笑)検診をしっかり受けることが極めて大事だと、大腸がんに関しても同じことが言えるという事ですね。

(東)
検診すごく大事です。

(つボイ)
私以前に検便やったとき、鮮血がすごくて。再検査ものすごく勧められましたもん。血便で再検査というのは色んなものが隠れてるぞ、って考えといた方がよかったんでしょうか?

(東)
う~~ん・・・検便で陽性だった方が皆さん『大腸がん』という訳では全然ないので、むしろそんなに深刻に考えずに、「大腸カメラ」とか次の検査を受けて頂く方がいいと思います。

(つボイ)
そうですか。いやいや、実は私その再検査でひっかかった理由、痔だったんです(苦笑)

(小高)(東)
(笑)

(小高)
まあでも別の病気だったとしても早く見つけてもらった方がいいですもんね!先生、何歳くらいから気にした方がいいですか?

(東)
一応40歳頃から徐々に増えて・・・まあ検診自体40歳からなんですけど、50歳越えてくると一気に大腸がんの患者さん増えられますので、40~50歳の間頃から毎年検診は受けて頂いた方がよろしいかと思います。

(つボイ)
ここでも「内視鏡」いうのが活躍するわけですね。

(東)
そうですね、便潜血で引っかかった方は「大腸カメラ」というのを行う事が多いです。最近は「CTコロノグラフィー」というCTで腸の中を観察する方法が出来まして。割と精度が高くて、ある程度の大きさのものはそれで見つけることができます。

(小高)
ほぉ~~!外からCT撮るみたいなことですかね?

(東)
一まず下剤を飲んで腸をきれいにしからお尻から二酸化炭素を入れて、腸を膨らませてCTで輪切り像を撮っていきます。で、その画像を解析していくという感じです。

(小高)
そっちの方が患者さん側の負担が・・・

(東)
少ないですね。

(小高)
お医者さん側から見てメリット・デメリットはあるんですか?

(東)
難しいですね(苦笑)CT検査って、ひらぺったい病変とか小さい病変とか見つけにくいんです。そのあたりはカメラの方が良く見つけることができます。あとCTだと細胞を採れないんです。なのでCTコロノグラフィーを受けて頂いた後で内視鏡をやらせて頂く流れになります。

(つボイ)
じゃあ最初から内視鏡でやった方が得ですね。

(東)
そういう事です。



~~~~~~~



(小高)
大腸カメラの検査、やっぱり沢山の方が経験しているようです。メッセージ沢山頂いております!

(つボイ)
順番に行きますよ。まず、気球戦艦ヤマトさん「昨年末、大腸がん検診で再検査になり、先日大腸カメラで検査した折にポリープ2個切除しました。良性だったという事でした。」これよかったですね~。

(小高)
ね~!

(つボイ)
J・K様大好き(朝PONのあの人)「健康診断で要検査が出たため、内視鏡検査をしました。朝から下剤2リットル飲むのは大変でした。幸い特に問題はなく、お尻を見られた恥ずかしさだけで済みました」僕も2リットル飲みましたよ(笑)

(小高)
検査よりそっちが大変ていう方も多いですね(笑)

(つボイ)
裏筋さんからも頂いております。この方も「大腸内視鏡検査をしました!」とのこと。皆さん経験されてますね~~~。

(小高)
大腸がんは50歳を過ぎたあたりから増えてくるということなので、40歳を過ぎたら、検診を受け始めましょう!

(つボイ)
早期発見での5年生存率は80%。定期的な検診が肝要ですよ!

(小高)
『健康のつボ~胃腸の病気について~』でした。