グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




薬剤科


ホーム > 中央診療部 > 薬剤科

メッセージ

薬剤科

当院は、2008年4月より診断群分類包括評価(DPC)を用いた入院医療費の定額支払い制度を導入しています。DPCを導入した病院では、これまで以上に、薬剤使用の合理化が求められますが、医療の質を維持・向上させるべく薬剤の検討をしています。薬剤科としては、急性期病院としての機能を果たせる「総合薬剤師」をめざし、日々努力をしています。また、中堅薬剤師の専門薬剤師取得、雑誌投稿等を行い、さらなるチーム医療への貢献をめざしています。また、病院の理念、方向性といった観点から、薬剤科の長期計画を立てており、集中治療室・手術室・救急室を担当する救命救急薬剤師、治験コーディネーター(CRC)の育成を目標に努力を重ねてまいります。

業務紹介

調剤業務・院外処方箋監査業務

併用薬のチェックや体重換算量など薬剤が適正に使用されているか、処方箋の内容に間違いがないかなどのチェックを行っています。

院内調剤

電子カルテから出される定期処方箋・臨時処方箋を、錠剤分包機や散剤分包機で調剤しています。処方監査には、薬剤の適正使用はもちろんのこと、薬の取り間違い・誤調剤の防止に努めています。また、監査は複数の薬剤師の目で確認を行っています。鼻や胃管からお薬を服用されている患者さまのために、錠剤をつぶすのではなく、そのまま温湯に溶かす方法(簡易懸濁法)を用いて、配合変化による薬の効果低下を防ぐ薬剤投与計画も薬剤科が担っています。

簡易懸濁法

簡易懸濁法とは、錠剤やカプセルを粉砕・開封せず、そのまま温湯に入れて崩壊懸濁させたあとに経管投与をする方法です。

病棟業務

クリニカルパスに基づいた服薬指導が主な業務です。お薬を服用される方の目線に立ち、患者さまやご家族に、薬剤に対する不安や悩みを取り除けるよう心がけています。また、入院時の持参薬の確認はもとより、退院時に「薬薬連携連絡書」を作成し、患者さまが現在服用している薬剤の情報について、開局薬局の先生と連携をする取り組みを始めています。積極的なアプローチを重ね、医師・看護師・コメディカルのスタッフと情報を共有し、患者さまの治療方針など話し合える場を作り上げていきたいと思います。

外来化学療法

外来化学療法が、より正確、安全かつ迅速に患者さまに提供できるよう、医師、看護師そしてコメディカルと検討を繰り返しています。

製剤業務

皮膚科で行われているケミカルピーリング、耳鼻科や眼科、消化器内科などで使用する薬剤の調製をしています。

薬品管理業務

病棟や外来など、配置薬の在庫や使用期限のチェックを行っています。また、毎月薬剤科内の薬品も同様にチェックし、採用薬剤の見直しも行っています。

麻薬管理業務

麻薬の保管・払出など『麻薬及び向精神薬取締法』に基づき適正に管理しています。

TDM

抗MRSA薬の注射剤(バンコマイシン、テイコプラニン、アルベカシン)が使用される場合、専用ソフトを用いて薬物血中濃度解析を行っています。個々の患者さまに合わせた投与予測のほか、実際の血中濃度測定結果を反映させた濃度推移の予測も行っています。これにより抗MRSA薬が適正かつ効果的に使用されるよう取り組んでいます。

薬局だより

薬の情報や薬剤科の業務紹介として、月一回「薬局だより」を発行しています。内容は季節に合わせた薬品の使用動向や新規採用薬のほか、病院スタッフに届けたい薬の情報(配合変化など)を中心に展開します。日常業務に役に立つ情報提供を心がけて作成しています。

チーム医療への参画

各科カンフファレンス、NST、感染対策やリスク管理など、他部署との連携をとり、薬剤師ならではの提言を行い、より良い医療の提供に努めています。

前期母親教室への参加

妊娠20週前後の妊婦さんを対象とした前期母親教室に薬剤師も参加しており、妊婦さんが安心して出産や育児ができるように、妊娠中や授乳中のお薬の影響についてお話ししています。「赤ちゃんに悪影響があるのでは…」と戸惑い、不安になりがちな薬の使用。薬の専門家として少しでもその不安を和らげる手助けができればと考えています。

手術室管理/集中治療室(ICU)管理

手術部では麻薬、筋弛緩薬等の毒薬、向精神薬、特定生物由来製品など厳格な管理を必要とする医薬品が多く使用されており、これら医薬品の管理に薬剤師が関与しています。また、医師及び看護師への医薬品適用使用の情報提供にも努めています。ICUでは、開頭・開胸術等の大手術の後や、急性期心筋梗塞・重症呼吸器疾患などの救急患者さまの全身管理を行っています。治療において多くの医薬品が使用され、投与方法・薬物相互作用や副作用チェックなど薬学的管理が重要となります。患者さまの状態や医薬品を専属薬剤師により適宜確認することで、質の高い医療を提供できるよう努めています。

治験業務

厚生省労働省の「薬事法」という法律と、「医薬品の臨床試験の実施の法律」(GCP)に基づき、院内にて治験審査委員会の承認と治験責任医師の了承を得て治療を開始します。薬剤師も治験委員会の構成員として参加しており、治験が開始されるときには、薬剤科に医薬品として未承認の製剤を管理することになります。

糖尿病チーム

糖尿病チームは、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・臨床検査技師で構成されており、それぞれ担当の分野を指導しています。薬剤師は糖尿病の薬物療法や副作用である低血糖への対処の指導などを担当しております。薬の作用や副作用、飲み忘れ時の対応、風邪などの時の薬の対応(シックデイ)など、薬物療法のほかにも糖尿病の治療において合併症など糖尿病全般についても指導しています。そのほかにもインスリンや自己血糖測定器の取り扱い方法の指導や、教育入院でのビデオ映像による薬物療法・低血糖時の指導などさまざまな役割があります。糖尿病の患者さまは増える一方ですが、まだまだ糖尿病について正しい知識を持つ人は少ないのが現状です。患者さまの目線に立って継続できる薬物治療を指導するよう心がけています。また、糖尿病チームで毎月「糖尿病のつどい」と「糖尿病教室」という二種類の患者さま向けの勉強会を開催しています。そこでも薬剤師は糖尿病の薬物療法と低血糖・シックデイについて担当しています。

薬薬連携

薬薬連携とは、病院薬剤師と薬局薬剤師の連携のもと、薬物療法における具体的な患者様情報の共有を行うことをいいます。当院に入院されていた患者様が、退院後どこの調剤薬局に来局しても、入院時から継続した内容での服薬指導を受けられることを目的としています。当院では「施設間情報連絡書」を作成し、患者様の同意のもとで調剤薬局に持参して頂くようお願いし、薬局薬剤師との情報共有を行っています。

一宮西病院での後発医薬品の採用について

一宮西病院では、患者さまならびに国民全体の医療費負担の低減を考慮し、後発医薬品の採用を行っています。効能・効果、用法・容量など、先発医薬品が国から承認を得ている適応について、後発医薬品に欠けている場合がありますが、その場合は先発医薬品を使用しております。それ以外の後発医薬品の採用については、国から得ている承認の内容が、当院における医療の必要を満たすかどうか、医薬品の品質に問題はないか、製造販売会社の供給体制や情報提供体制に問題がないか等を確認し、複数の候補がある場合は競争入札を行い、その中からもっとも経済的なものを選択しております。