グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




薬剤科


ホーム > 中央診療部 > 薬剤科

◆ メッセージ

薬剤科

『薬剤師、次の時代へ』
当科は、専門的な薬学知識に基づき医薬品の副作用を最小限に抑えつつ治療効果を最大限にいかすべく、質の高い医療提供を日々心掛けております。革新的かつ創造性のある医療人の育成、そして地域医療の中心となる薬剤師の育成に励み、魅力的な薬剤師職のブランド化を実現します。

◆ 業務紹介


調剤業務・院外処方箋監査業務

併用薬のチェックや体重換算量など薬剤が適正に使用されているか、処方箋の内容に間違いがないかなどのチェックを行っています。

院内調剤

電子カルテから出される定期処方箋・臨時処方箋を、錠剤分包機や散剤分包機で調剤しています。処方監査には、薬剤の適正使用はもちろんのこと、薬の取り間違い・誤調剤の防止に努めています。

簡易懸濁法

当院では経口内服が困難な患者様には簡易懸濁法を実施しています。簡易懸濁法とは、錠剤やカプセルを粉砕・開封せず、そのまま温湯に入れて崩壊懸濁させたあとに経管投与をする方法です。

病棟業務

薬剤を服用される方の目線に立ち、患者さまやご家族の薬剤に対する不安や悩みを取り除けるよう心がけています。
医師・看護師・コメディカルのスタッフと情報を共有し、患者さまの治療方針などを話し合える場に積極的に関わっていきます。

製剤業務

院内で使用する薬局製剤を無菌調製しております。

麻薬管理業務

麻薬の保管・払出など『麻薬及び向精神薬取締法』に基づき適正に管理しています。

TDM

薬物血中濃度モニタリングが必要な薬剤を使用する場合、血中濃度測定結果に基づき個々の患者さまに合わせた投与設計を行っています。

手術室管理

手術部では麻薬、筋弛緩薬、向精神薬等の管理業務を行っています。

治験業務

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」、「医薬品の臨床試験の実施の法律」(GCP)に基づき、院内にて治験審査委員会の承認と治験責任医師の了承を得て治療を開始します。

薬薬連携

当院に入院されていた患者さまが、退院後どこの調剤薬局に来局しても、継続した内容で服薬指導を受けられることを目的として、病院薬剤師と薬局薬剤師が、患者さまの薬物療法における情報共有を行います。

化学療法

化学療法が、より正確、安全かつ迅速に提供できるよう、医師、看護師そしてコメディカルと検討を繰り返しています。

当院で抗がん剤治療を行っている患者様へ

体調不良の際には、一宮西病院 0586-48-0077(代表)にお電話ください。
平日夜間および祝休日についても救急外来で対応し、各診療科医師と連携します。
ご連絡の際には、お手元に診察券をご用意の上、お名前、診療科、主治医名、症状をお伝えください。


◆ 一宮西病院での後発医薬品の採用について

一宮西病院では、患者さまならびに国民全体の医療費負担の低減を考慮し、後発医薬品の採用を行っています。