グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2012年


ホーム > 内科系 > 呼吸器内科 > 論文 > 2012年

7月

International Journal of General Medicine

宇賀神基医師の論文が、海外医療雑誌「International Journal of General Medicine」に掲載されました。
  • 「尿素窒素とアルブミンの比が肺炎の死亡率と重症度の評価に有用であること」を記した論文です。
記事を読む
執筆者 Motoi Ugajin, Kenichi Yamaki, Natsuko Iwamura, Takeo Yagi, Takayuki Asano
雑誌名 International Journal of General Medicine
掲載号数/掲載年/頁 2012; 5; 583-589
タイトル Blood urea nitrogen to serum albumin ratio independently predicts mortality and severity of community-acquired pneumonia