グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



中部リハビリテーション専門学校


ホーム > リハビリテーション科のご案内 > 新入職員の声 > PT(理学療法士) > 中部リハビリテーション専門学校

阿部 沙樹(あべ さき) 一宮西病院 外科チーム

 一宮西病院のリハビリテーション科に配属されてから約1ヶ月が経過しました。臨床の現場は、わからない事や知らないことばかりで焦る気持ちが大きく、患者様に医療を提供するため、「責任」を強く感じています。しかし、このような気持ちをプリセプターの先生をはじめ、チームの先輩方は理解してくださり、わからないことはいつも丁寧に教えてくださいます。そのため、日々患者様を通し、先輩方から多くを学ぶことができ、刺激を受けています。このような充実した環境下においてリハビリテーションを学び、提供できることを感謝しております。
 これからもわからないことは積極的に質問し、自己研鑽に励み、いち早く先輩方に追いつけるように努力していく所存です。そして、患者様により有意義なリハビリテーションを提供していきたいと思います。

田中 隼基(たなか はやき) 上林記念病院 C3病棟

 杏嶺会リハビリテーション科に入職して1ヶ月が経ちました。私は回復期リハビリテーション病棟の配属になりました。初めは病院に馴染めるか、患者様に対してリハビリテーションを提供するにあたり、自分の知識や技術、患者様との人間関係の築き方など不安がありました。しかし、先輩方に声をかけて頂けたことやリハビリテーションについて、患者様との人間関係の築き方など、細かく丁寧に指導して頂け、不安が徐々に無くなっていきました。まだ、知識・技術に不安が多くありますが、担当させていただいた患者様に対して、より良いリハビリテーションを提供できるように自己研鑽を怠らず、一つ一つ成長していきたいと思います。