グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



名古屋学院大学



梅木 莉那(うめき りな) 一宮西病院 整形外科チーム

 私は実習で一宮西病院にお世話になりました。その時に、優しく丁寧に教えてくださった先生方の下で学ばせて頂きたいと強く思い、杏嶺会への入職を希望し、晴れて働かせて頂くことになりました。
 たくさんの業務があるために、まだまだ未熟なことが多くあり、一つ一つの仕事に時間がかかってしまいますが、周りの先輩方が丁寧に教えてくださるおかげで少しずつできる事が増えていき、日々やりがいをもって過ごすことができています。
 今は先輩方のリハビリテーションを見学させて頂く中で、自分にもこんなリハビリテーションを患者様に提供できるだろうか、と不安に感じることが多くありますが、これから患者様を受け持たせて頂いた時はしっかりと患者様と向き合い、信頼してもらえるような理学療法士になれるよう、勉強会や研修に参加して、先輩方にご指導頂きながら患者様一人一人に合わせたリハビリテーションを提供できるよう努力していきたいと思います。

鹿野 里奈(しかの りな) 尾西記念病院

 初めは右も左もわからない状態でしたが、優しい先輩・上司の方々に恵まれ、少しずつですが環境や業務にも慣れてきました。学生の時とは違う 緊張感や責任感を感じながらも、早く一人前になれるよう、一生懸命業務に励んでおります。
 先輩のリハビリを見学したり、患者様と接したりしていく中で毎日自分の未熟さを感じ、落ち込むこともありますが、指導者や先輩方の優しく厚い指導のおかげで、もっと頑張りたいと思えることのほうが多いです。
 杏嶺会は研修や新人教育が手厚く、急性期・回復期・維持期と様々な施設があり、多くの経験が積めることが魅力の一つだと思います。機会を逃さずどんどん成長していけるよう、常にアンテナを張っていきたいです。
 患者様やご家族様の気持ちに寄り添うことが出来る想像力、患者様のHopeやNeed、機能障害に対して様々な角度からアプローチできる創造力のある理学療法士になれるよう、一生勉強の姿勢を忘れずたくさん考えながら患者様と向き合っていきたいと思います。