グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



中部学院大学



大洞 佳歩(だいどう かほ) 上林記念病院 回復期リハビリテーション病棟

 理学療法士として杏嶺会リハビリテーション科に入職できたことを大変嬉しく思います。現在は、上林記念病院の回復期リハビリテーション科に所属しています。入職してから約1ヶ月になりますが、緊張感を持ちながらも患者様と楽しくリハビリを行なうことが出来ています。また、自分の能力不足に不甲斐なさを感じることもありますが、先輩方からの指導にとても助けられています。未熟な自分ではありますが、今後は限られた時間の中で最大限のリハビリを提供し、治せる理学療法士になれるよう努力を続けていきます。宜しくお願い致します。

寺地 絢良(てらぢ あやら) 上林記念病院 精神・一般病棟

 無事に杏嶺会に入職でき、大変嬉しく思います。私は上林記念病院 リハビリテーション科 精神・一般病棟に所属しています。学生時代に実習や国家試験対策を重ねていくに連れて、自分が先輩方のような理学療法士になれるのか不安が大きくなっていました。そんな時、私は杏嶺会の教育体制の充実さに惹かれ入職しようと決意しました。実際に入職してからは職場の明るい雰囲気や優しい先輩方に恵まれ、不安な気持ちは軽くなり、早く地域に貢献できる理学療法士になりたいという前向きな気持ちを抱くことが出来ています。これから臨床の場や勉強会などでたくさんのことを吸収し、患者様の心に寄り添える理学療法士になれるように成長していきたいです。
 また、上林記念病院には三次元動作解析チームがあります。私は卒業論文で三次元動作解析装置を使った研究を行ったので、これを活かしスキルアップにつなげていきたいと考えています。無事に理学療法士になることが出来たのも大学の先生・先輩方や同級生、家族のおかげです。今後も周りの方々や環境に対する感謝の気持ちを忘れずに精進していきたいです。

渡邉 祥子(わたなべ しょうこ) 一宮医療療育センター

 杏嶺会リハビリテーション科に入職し、早1ヶ月が経ちました。私は杏嶺会のなかでも一宮医療療育センターに配属となり、学生時代には経験したことのない小児分野である重症心身障害児・者に携わり、リハビリテーションをおこなう機会を得ました。
 入所者様の生活の様子をはじめてみた時は、自分に務まるのだろうかととても緊張し、不安でいっぱいでした。また、先輩方のリハビリテーションを見学させて頂く中で、自身の知識・技術不足を痛感することが多くあります。しかし、難しい小児分野の中でも、先輩からの丁寧なご指導の下、利用者様と関わる事にとてもやりがいを感じています。
 私自身、充実した環境で働かせて頂いていることに感謝し、早く先輩方や利用者様の力となれるよう、まだまだ未熟ではありますが、理学療法の技術を常に自ら学ぼうとする姿勢を持ち、また、自覚と責任をもって目の前の利用者様と向き合っていくことで成長していきたいと思います。