グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




医療機器管理室


ホーム > 中央診療部 > 医療機器管理室

メッセージ

医療機器管理室

医療機器管理室は臨床工学技士で構成しており、臨床現場と密接にかかわり合い、各セクションのパイプ役としての機能を果たす役割を持つ業務を行っています。業務内容は、各種医療機器管理を始めとし、手術室・内視鏡室・血管カテーテル室の業務及び各種血液浄化療法と様々な業務に携わっています。

業務内容

手術室

人工心肺を始めとし、ナビゲーションシステム(メドトロニック)、網膜硝子体手術装置(アキュラス)等の操作及び様々な医療機器の立ち会い業務を行っています。

血管カテーテル室

心臓カテーテル検査及び治療・心筋焼灼術・脳アンギオ・血管ステント留置及び塞栓術等に幅広く参加し、体外式ペースメーカー、PCPS、IABP等の医療機器の立ち会いは勿論のこと、医療材料分野の立ち合いにも対応しています。

血液浄化療法

エンドトキシン吸着・血漿交換・白血球除去・持続的血液濾過透析・急性期血液透析等と様々な血液浄化療法に対応しています。

不整脈科外来

植え込み式ペースメーカーのプログラマーを常備し、ペースメーカーチェック及びプログラム変更等が24時間体制で対応可能です。

医療機器管理室

人工呼吸器、IABP、除細動器、ベッドサイドモニター、医療用送信機、輸液ポンプ、シリンジポンプ、体外式ペースメーカー等の医療機器において中央管理を行っています。