グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




放射線治療科


ホーム > その他の診療科 > 放射線治療科

メッセージ

放射線治療科

放射線治療科では主に悪性腫瘍(がん)に対する外部照射を行っています。放射線治療は頭の先から足の先まで全身の多くのがんを対象とし、根治的治療から緩和的治療までがん治療の様々な目的、状況で利用できます。また年齢や全身状態による制限が手術や抗がん剤治療に比べてゆるい傾向にありますので、小児から高齢者まで多様な全身状態の患者さんに受けていただける治療です。疾患や全身状態によっては通院で治療することも可能ですので、仕事を続けながら治療を受けられることも利点の一つです。放射線治療だけで根治できる疾患は限られますが、現在のがん治療では手術や抗がん剤などと様々なかたちで組み合わせて行う集学的治療が重視されており、その一手段としても放射線治療は重要な役割を担っています。そのため当科では病床を有していませんが、各臓器別診療科の主治医と緊密に連携して患者さんに最適な治療をご提供できるように努力しています。放射線治療では初診時が特に重要です。できる限りわかりやすく説明し、患者さんが十分に理解、納得して治療を受けていただけるように心がけています。

対象疾患と診療内容

対象疾患

悪性腫瘍(がん)全般

診察内容

院内の各臓器別主治医からご紹介いただくところから始まります。放射線治療科で患者さんの診察を行い、放射線治療の適応について検討します。その際は主治医と患者さんの病態について検討して最適な治療方針を決定します。適応が決まったら放射線治療の計画をたてるためにCTを撮影します。実際の治療時と同一の姿勢をとっていただき、必要に応じて固定具なども作成します。また体表には位置の再現性を保つためにマークをつけます。撮影したCTのデータは放射線治療計画装置に送られ、照射範囲、線量分割などを決定し、最適な線量分布を3次元的に実現するように照射プランを作成します。放射線治療中は定期的に診察を行い、副作用が生じていないかチェックし、必要に応じて投薬や処置を行います。治療部位によっては、排便を促したり尿をためてもらったり、患者さんにも治療にご協力をいただいています。毎日当科の看護師も体調を確認し、補足説明をしていますので気楽にご相談ください。当科では医師、放射線技師、看護師、事務がチームで診療に取り組んでおり、全員で患者さんの病態を把握し、正確で安全な放射線治療をご提供できるように日々努力しています。

放射線治療機器

  • 放射線治療装置/Elekta製Synergy
  • 放射線治療計画装置/Elekta製Monaco 5.1
  • 放射線治療情報管理システム/Elekta製MOSAIQ

放射線治療器

外来担当表

スタッフ紹介

症例数

2015年(8月~12月) 2016年 2017年 2018年
乳腺 19 86 45 56
泌尿器 15 43 35 31
肺・気管支 25 35 10 29
7 26 38 32
8 20 19 18
頭頸部 5 7 7 12
消化器 - 3 4 6
婦人科 - 1 7 2
その他 3 - 3 0
合計 82 221 168 186