グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



心臓血管外科


ホーム > 募集科目・募集要項 > 心臓血管外科



採用背景
心臓血管外科は常勤医5名という組織体制です。2018年に北棟が完成、手術室はハイブリッド手術室を含む3室が増室しました。
開心術・TAVI・ステントグラフト・下肢静脈瘤に対するレーザー治療等、様々な手術を行っております。
緊急への対応を万全にするためにも2チーム体制の確立を早期に達成させ、地域医療に貢献していきたいと考えております。

全国屈指のハイボリュームセンターで経験を積んだ指導医も複数名在籍しているため、
その医師の下、豊富な経験を積み一流のオペレーターとして活躍頂ける医師を求めております。


診療科の特徴

心臓部門

年間約200例の心臓手術を実施しており、過去3年で症例数は1.8倍まで増加しております。

大血管部門

「大血管」部門では、「ステントグラフト血管センター」としてパワーアップし、従来から積極的に行っている「ステントグラフト」治療をさらに確実性、安全性を高めつつ、より幅広い疾患にも適応しております。すでに大動脈瘤破裂例や急性B型大動脈解離に対して治療実績を上げています。

下肢静脈瘤部門

「下肢静脈瘤」部門では、「レーザー静脈瘤センター」として、レーザーによる日帰り治療が500例を越えております。波長の長い新型半導体レーザー装置と高周波通電カテーテル治療装置を導入し、患者様にとって、より痛みの少ない治療を行っております。

TAVI(タビ)・経カテーテル大動脈弁留置術

2019年11月、当院で初の「TAVI(タビ)・経カテーテル大動脈弁留置術」を実施しました。当治療の実施施設は尾張西部医療圏では2施設目となります。また当院の心臓血管外科には、TAVI指導医が1名在籍しています。
大動脈弁狭窄症に対する治療の新たな選択肢として、日本では2013年10月の保険償還以降、2017年には年間6000症例が行われています。TAVIの提供には循環器内科医や心臓血管外科医などを中心とするチーム医療が求められるほか、血管撮影装置が設置された「ハイブリッド手術室」において行うなど、専門性を有する施設であれば実施することが可能です。現在、愛知県内で当治療の実施施設に認定されているのは、大学病院など11施設(一宮西病院を含む)のみです。※2019年11月時点。
外来患者数 17名/日
症例数
(心臓・大血管手術、ステントグラフト計)
280件
症例内訳 【心臓・胸部大動脈疾患】
・手術 147
・TEVAR(ステントグラフト) 47
【腹部大動脈疾患】
・手術 24
・EVAR(ステントグラフト) 62

◎心臓・大血管合計 280
病棟情報 18床
施設認定
  • 心臓血管外科専門医認定機構基幹施設
  • 胸部ステントグラフト実施施設
  • 腹部ステントグラフト実施施設
  • 日本心血管インターベンション治療学会 研修施設
  • 日本動脈硬化学会認定 専門医認定教育施設
  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術実施施設
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施施設
医療機器一覧 疾患 種類 メーカー 機器名称
不整脈 三次元マッピング装置 ジョンソンアンドジョンソン CARTO System
日本光電 Ensite System
アブレーションシステム ボストン Maestro 4000
血管撮影装置 CANON INFX-8000V/H9
高周波エネルギー組織穿刺用ジェネレータ 日本ライフライン ESKYLUX SPACE lab
食道モニタリングシステム Boston サーカ テンプ モニターシステム
日本ライフライン EM-1
セントジュードメディカル SensiTherm 食道温モニタリングシステム
除細動器 NIHON KOHDEN TEC-5531
スティムレーター 日本光電 SEC-4103
SEC-5104
超音波診断装置 シーメンス ACUSON Freestyle
電気メス CONMED SYSTEM5000
ポリグラフ 日本光電 RMC-5000
ラボシステム Boston Lab System
冷凍手術器 Medtronic Cryo console
虚血 OCT画像診断装置 Abbott OCT SJM FD-OCT イメージングシステム
Terumo OFDI ルナウェーブ (OFDI)
Recanalization System BARD CROSSER
アテローム切除アブレーション式血管形成術用カテーテル Boston ロータブレータPRO
メディキット株式会社 DIAMONDBACK
オートインジェクター Bayer MEDRAD Avanta Dedstal
観血血圧モニター Abbott QUANTIEN
SJM RADIANALYZER
Boston Scientific iLab
Japan Lifeline OptoMonitor
経皮的心肺補助循環装置 泉工医科株式会社 HAS-CFP
HAS-CFP
メラ遠心血液ポンプシステム
メラ遠心血液ポンプシステム
血液凝固測定装置 トライテック アクタライクMini Ⅱ
血管撮影装置 CANON XTP-8100G
SHIMAZU Trinias B8 unity sdition
除細動器 日本光電 TEC-5621 カルジオライフ
TEC5531
体外式心臓ペースメーカー Biotronik Japan レオコアS
レオコアS
Medtronic 5348体外式SSIペースメーカ
平和物産株式会社 PACE101H
PACE102H
大動脈内バルーンパンピング ゲティンゲ CARDIOSAVE
GETINGE CARDIOSAVE
超音波画像診断装置 フィリップス ボルケーノs5イメージングシステム
Boston i-Labカートシステム
Boston Scientific H74939322100C0
TERUMO VISICUBE
CANON Viamo
ポリグラフ 日本光電 臨床用ポリグラフ RMC-5000M
レーザー血流計 カネカ SensiLase PAD-4000
ポリグラフ 日本光電 RMC-4000
RMC-4000
ポンプ制御装置 アビオメット IMPELLA 制御装置
  • 常勤医:5名
  • 非常勤医:2名
  • 心臓血管外科学会専門医: 3名
  • 日本外科学会 専門医:4名
※非常勤除く
  • 部長 兼 ステントグラフトセンター長:金子 完(藤田保健衛生大学 平成8年卒)
  • 医長:水田 真司(広島大学 平成19年卒)
  • 医長:山本 淳平(大阪大学 平成22年卒)
  • 医長:今村 有佑(近畿大学 平成22年卒)
  • 医員:宮本 陽介(岡山大学 平成24年卒)
  • 非常勤:先天性疾患 前田 正信(名古屋大学 昭和49年卒)
  • 非常勤:近藤 ゆか(藤田保健衛生大学 平成9年卒)

勤務概要・勤務要項

勤務概要

外来担当 2コマ/週

勤務要項

常勤医師 週40時間(週5日)勤務
給与 経験年数に応じて、規程による支給
諸手当 超過勤務手当、緊急呼出手当、日当直手当
勤務時間 8時30分〜17時20分
休日・休暇 週休2日制(日曜他1日)、祝日、12月30日〜1月3日、夏期休暇(有給休暇消化)
年次有給休暇 就任日より6ヵ月間は5日(特別有給休暇)とし、その後1年間は10日。以降は労働基準法に準ずる。
定年 60歳(60歳以降は嘱託常勤医師として再契約可能)※その他手当、制度等はコチラ

ご応募・病院見学・お問い合わせ

TOP