グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



総合救急部/救急科・救急総合診療科


ホーム > 募集科目・募集要項 > 総合救急部/救急科・救急総合診療科



採用背景
総合救急部は常勤医8名という組織体制です。救急搬送台数は毎年増加しており10年前には2000台だったものが2019年には約7500台にまで伸びております。
今後も「断らない救急」を続けるためには、組織の拡大が必要です。3交代制を実現して、24時間365日、救急医が常駐している救急科を目指しています。
将来的には救急救命センター取得も視野に入れております。このビジョンのもと、共に診療科を引っ張っていただける医師を求めております。


診療科の特徴

病院の所属する尾張西部医療圏には人口50万人が居住し、当院から半径11km以内には岐阜市、名古屋市を含めて100万人が居住しております。救急外来では内科疾患・外科疾患の区別なく、小児から高齢者、軽症から重症な患者さままで、あらゆる患者さまを対象とした北米型救急システムを採用しています。

総合救急部は救急科と総合診療科を合体運営することで、救急患者がシームレスに医療を受けられるようになっており、救急外来での臨床・教育のみならずベッドサイド・ティーチング、ICTを駆使した情報発信に力を注いで新しい時代の救急システムを構築しようとしております。

現在は、日中~22時までを救急科が担当、夜間帯や休日については各診療科が日直・当直体制を敷いており、病院全体として救急医療に取り組んでいます。
外来患者数 76名/日
症例数 救急車搬送:7419件
救急外来ウォークイン:20254件
救急搬送件数 2017年:5,848件
2018年:6,590件
2019年:7,419件
/ 対前年比:113%
  対3年前比:141%
ウォークイン件数 2017年:17,298件
2018年:19,200件
2019年:20,254件
/ 対前年比:105%
  対3年前比:121%
救急搬送応需率(月平均) 2017年:99.2%
2018年:99.1%
2019年:99.6%
施設認定 救急指定病院
日本救急医学会救急科専門医指定施設
医療機器一覧 一般名称 機器名称 model_number
LEDライト LEDトランスイルミネーター MK-02GX
パルスオキシメーター Oxypal Mini ×2 SAT-2200
ポケットSpO2モニタ ×2 WEC-7201
医用冷蔵冷凍庫 薬用保冷庫 MPR-215-PJ
眼圧計 トノペン AVIA
血圧計 デジタル血圧計 ×3 ES-H55
健太郎 HBP-9021
検査関連機器 スタットセンサー エクスプレスi CRE 48727
個人用患者監視装置 CMS-1501 ×4 CU-151R
ベットサイドモニタ PVM-2703 ×2 PVM-2703
ベットサイドモニタ PVM-4763 ×5 PVM-4763
ベットサイドモニター ライフスコープ ×3 BSM-2303
自動染色装置 PREVI Color Garm 12 29551
集中患者監視装置 セントラルモニタ 本体 CNS-6201 16人床 PU-621R
除細動器 デフィブリレータ カルジオライフ TEC-5631
心電計 Cardiofax M ECG-1350
Cardiofax V ECG-1550
身長・体重計 デジタルベビースケール UDS-200Be-K
人工呼吸器 HAMILTON-MR1 161010
Oxylog3000plus 5704811-07
赤外線眼鏡 フレンツェル赤外線眼鏡 FV-D70A
体温調節装置 コクーン ウォーミングシステム CWS4000
超音波診断装置 Viamo SSA-640A
Vscan Extend DUAL DICOM Vscan Extend
Xario Gシリーズ TUS-X100G/JA
軟性ファイバースコープ 軟性ファイバースコープ LF-TP
無影灯 スカイルックス クローバー CS03P
スカイルックス ユニバース R60EL
検査機器 血液ガス分析 RAPIDPoint500
電気メス SYSTEM5000
人工呼吸器 V60
クリーンパーテーション クリーンパーテーション ×2 ACP-896-CH
顕微鏡 検査用顕微鏡 BX-40F4
  • 常勤医:8名
  • 日本救急医学会 救急科専門医:3名
  • 日本内科学会 総合内科専門医:1名
  • 日本内科学会 認定内科医:2名
  • 日本リウマチ学会 認定リウマチ専門医・指導医:1名
  • JATECインストラクター:2名
  • PALSディレクター:1名
  • ACLSディレクター:1名
  • 日本DMAT隊員:2名
  • 統括DMAT隊員:1名
  • Executive MBA:1名
  • 総合救急部救急科・救急総合診療科 部長:安藤 裕貴(富山大学 平成20年卒)
  • 救急科 副部長:松窪 将平(鹿児島大学 平成21年卒)
  • 救急科 医長:丹野 翔五(筑波大学 平成19年卒)
  • 救急総合診療科 医員:竹之内 盛志(福井大学 平成23年卒)
  • 救急科 医員:白神 真乃(香川大学 平成25年卒)
  • 救急総合診療科 医員:藤井 真(広島大学 平成26年卒)
  • 救急科 専攻医:松井 大知(札幌医科大学 平成30年卒)
  • 救急科 専攻医:麥倉 慎(札幌医科大学 平成30年卒)

勤務概要・勤務要項

勤務概要

当直回数 遅番あり(13:00~22:00)

勤務要項

常勤医師 週40時間(週5日)勤務
給与 経験年数に応じて、規程による支給
諸手当 超過勤務手当、緊急呼出手当、日当直手当
勤務時間 8時30分〜17時20分(遅番13:00~22:00)
休日・休暇 週休2日制(日曜他1日)、祝日、12月30日〜1月3日、夏期休暇(有給休暇消化)
年次有給休暇 就任日より6ヵ月間は5日(特別有給休暇)とし、その後1年間は10日。以降は労働基準法に準ずる。
定年 60歳(60歳以降は嘱託常勤医師として再契約可能)※その他手当、制度等はコチラ



ご応募・病院見学・お問い合わせ

TOP