グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




総合救急部/救急科・救急総合診療科


ホーム > その他の診療科 > 総合救急部/救急科・救急総合診療科

救急外来 ER(Emergency Department)とは

一宮西病院は平成22年6月に奥町から現在の開明に300床の急性期病院として移転しました。移転当初より、救急医療に力を注ぎ、多数の救急患者さまを受け入れ、尾張西部医療圏の2次救急病院として地域医療に貢献してまいりました。現在はICUや循環器病床を増床して465床となり、ますます地域の救急医療の向上を目指しています。二次救急病院とは言っても、当院は1次から3次までの患者さまを受け入れており、心肺停止、脳卒中、急性冠症候群、急性大動脈疾患などの重症患者さまや、中等度の外傷患者さまの救急車も受け入れています。救急患者さま受け入れの窓口である救急外来は、各科当番医師、研修医が安心安全で質の高い救急診療をめざし、平日時間内には全診療科が協力して救急搬送患者さまの診療にあたっています。平常では救急外来看護師2名、薬剤師1名、放射線技師1名、検査技師1名、事務2名が当直体制をとって診療を行っています。また、2次救急当番日には、患者さまが集中するため、医師は7~8名、救急外来看護師は3~4名に増員した当直体制をとって診療を行っています。

※二次救急当番とは、平日夜間や土曜・休日に、入院が必要など重症な救急患者さまの受け入れを、一宮市内の総合病院が輪番で受け持つことを言います。

スタッフ紹介

救急科専攻医募集

  • 救急科専攻医募集要項はこちら
  • 救急科専門医プログラム(藤田医科大学)はこちら
  • 救急科専門研修プログラム(名古屋掖済会病院)はこちら
  • 救急科専攻医エントリーはこちら

  • 実績

    ●救急搬送・ウォークイン

    2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
    救急車搬送件数 3,484 3,529 4,068 4,120 4,760 5,068 5,848 6,590 7,419 7,094
    救急外来ウォークイン数 13,978 14,522 13,904 13,659 15,132 16,727 17,298 19,200 20,254 18,258

    ●救急搬送応需率

    ○2017年度
    4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
    救急要請件数 475 505 449 515 507 440 478 496 551 617 513 476
    救急受入件数 468 500 446 515 502 438 476 495 545 610 509 470
    応需率 98.5% 99.0% 99.3% 100.0% 99.0% 99.5% 99.6% 99.8% 98.9% 98.9% 99.2% 98.7%
    ○2018年度
    4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
    救急要請件数 460 487 463 673 662 574 532 565 634 759 553 549
    救急受入件数 455 478 458 663 659 570 530 561 628 753 550 545
    応需率 98.9% 98.2% 98.9% 98.5% 99.5% 99.3% 99.6% 99.3% 99.1% 99.2% 99.5% 99.3%
    ○2019年度
    4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
    救急要請件数 576 584 577 620 681 622 601 670 658 713 576 579
    救急受入件数 572 583 576 616 680 619 601 668 656 708 571 577
    応需率 99.3% 99.8% 99.8% 99.4% 99.9% 99.5% 100.0% 99.7% 99.7% 99.3% 99.1% 99.7%

    ●来院時の年間重篤患者数(令和2年1月~令和2年12月)

    疾病名 基準(基準を満たすもののみカウント) 患者数
    (人)
    ※注1
    1 病院外心停止 病院への搬送中に自己心拍が再開した患者及び外来で死亡を確認した患者を含む 185
    2 重症急性冠症候群 切迫心筋梗塞又は急性心筋梗塞と診断された患者若しくは緊急冠動脈カテーテルによる
    検査又は治療を行った患者
    183
    3 重症大動脈疾患 急性大動脈解離又は大動脈瘤破裂と診断された患者 82
    4 重症脳血管障害 来院時JCS100以上であった患者、開頭術、血管内手術を施行された患者又はtPA療法
    を施行された患者
    125
    5 重症外傷 MaxAISが3以上であった患者又は緊急手術が行われた患者 857
    6 重症熱傷 Artzの基準により重症とされた患者 0
    7 重症急性中毒 来院時JCS100以上であった患者又は血液浄化法を施行された患者 0
    8 重症消化管出血 緊急内視鏡による止血術を行った患者 47
    9 重症敗血症 感染性SIRSで臓器不全、組織低灌流又は低血圧を呈した患者 690
    10 重症体温異常 熱中症又は偶発性低体温症で臓器不全を呈した患者 17
    11 特殊感染症 ガス壊疽、壊死性筋膜炎、破傷風等と診断された患者 4
    12 重症呼吸不全 呼吸不全により、人工呼吸器を使用した患者(1から11までを除く) 12
    13 重症急性心不全 急性心不全により、人口呼吸器を使用した患者又はSwan-Ganzカテーテル、PCPS
    若しくはIABPを使用した患者(1から11までを除く)
    29
    14 重症出血性ショック 24時間以内に10単位以上の輸血が必要であった患者(1から11までを除く) 0
    15 重症意識障害 来院時JCS100以上の状態が24時間以上持続した患者(1から11までを除く) 9
    16 重篤な肝不全 肝不全により、血漿交換又は血液浄化療法を施行された患者(1から11までを除く) 1
    17 重篤な急性腎不全 急性腎不全により、血液浄化療法を施行された患者(1から11までを除く) 3
    18 その他の重症病態 重症膵炎、内分泌クリーゼ、溶血性尿毒症性症候群等に対して持続動注療法、血漿交換又は手術療法を施行された患者(1から17までを除く) 0
    合計 2244
    注1)来院時の患者の状態を基に記録。病棟入院中の状態悪化や手術後の集中管理のために救命救急センターで受け入れた患者は除く。
    注2)一つの症例で複数の項目に該当する場合は、最も適切なもの一つのみを選択する。