グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




乳がんの基礎知識


女性がかかるがんでもっとも多い乳がん。早期に発見できれば良好な経過が期待できます。

乳がんとは

女性がかかるがん第1位

乳房は乳腺と脂肪からできていますが、乳がんはその乳腺を構成する「乳管(母乳を乳頭まで運ぶ管)」で多く発生します。進行するとがん細胞が乳腺の外へ広がり、転移する危険もあります。乳がんにかかる方は30歳代から増え、4 0 歳代後半が発症のピークとなっています。

乳がんの症状

乳がんは自分で気づくことのできるがん

乳がんは乳房に腫瘍ができるので、注意深く触るとしこりがわかるようになります。また、腫瘍が皮膚の近くに達すると、乳房にエクボのようなくぼみができます。リンパ節への転移が疑われる場合は、脇の下にしこりができたり、腕のむくみやしびれが現れます。

乳がんを予防しよう

女性ホルモンの影響の他、肥満や飲酒に気をつける

乳がんの発生や進行には、女性ホルモンの「エストロゲン」が関係しています。これは月経の終わりごろから排卵前に多く分泌されます。初潮年齢が早い、閉経が遅い、出産経験がないなど、エストロゲンにさらされる期間が長い人は、それだけ乳がんになりやすいと言えます。

乳がんの予防法

・禁煙する
・受動喫煙を避ける
・飲酒は適量にとどめる
・肥満を防ぐ
・運動を習慣づける



乳がんのセルフチェック

□ 乳房の変形や左右に形の差はありませんか?
□ しこりによる皮膚のひきつれはありませんか?
□ 乳頭や乳房の皮膚にただれはありませんか?
□ 乳房や脇の下にしこりはありませんか?
□ 乳房にえくぼのようなへこみはありませんか?
□ 乳頭から出血や異常な分泌物はありませんか?


※乳房がやわらかくなる月経終了後、1週間~10日の間に毎月1回行いましょう。