グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2012年



12月

川上徹医師の論文が、海外医療雑誌「PACE/Pacing and Clinical Electrophysiology」に掲載されました。
ペースメーカーのペーシング部位とQRS幅の関連についての論文です。

記事を読む
執筆者 Tohru Kawakami, Nobuyuki Tanaka, Hiroyoshi Ohno, Hiroko Kobayakawa, Tomohiro Sakurai, Hiroki Ishihara, Hiroyuki Ohmori, Terumasa Matsuzaki
雑誌名 PACE/Pacing And Clinical Electrophysiology(IF : 1.351)
掲載号数/掲載年/頁 2012; Epub Ahead of Print
タイトル The Relationship between Right Ventricular Lead Position and Paced QRS Duration