グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2014年



5月

川上徹医師の論文が、海外医療雑誌「PACE/Pacing and Clinical Electrophysiology」に掲載されました。

発作性心房細動と冠状動脈攣縮の関係に関する論文です。
記事を読む
執筆者 Tohru Kawakami, Hiroyoshi Ohno, Nobuyuki Tanaka, Hiroki Ishihara, Hiroko Kobayakawa, Tomohiro Sakurai
雑誌名 PACE/Pacing And Clinical Electrophysiology
掲載号数/掲載年/頁 2014; May 37(5); 591-6
タイトル The relationship between paroxysmal atrial fibrillation and coronary artery spasm