グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2013年



12月

川上徹医師の論文が、海外医療雑誌「Thrombosis Journal」に掲載されました。

新規経口抗凝固薬(apixaban)により左心耳血栓溶解が観察された世界初の報告に関する論文です。

執筆者 Kawakami T, Kobayakawa H, Ohno H, Tanaka N, Ishihara H
雑誌名 Thrombosis Journal(IF : 1.24)
掲載号数/掲載年/頁 2013 Dec 20; 11(1); 26; ahead of print
タイトル Resolution of left atrial appendage thrombus with apixaban

6月

川上徹医師の論文が、医療雑誌「Progress in Medicine」に掲載されました。
抗凝固薬による凝固・線溶系パラメータの変化に関する論文です。

記事を読む
執筆者 川上 徹
雑誌名 Progress in Medicine
掲載号数/掲載年/頁 2013; 33; 1601-1605
タイトル 新規経口抗凝固薬の投与前後における凝固・線溶系パラメータの変化-リバーロキサバンの使用経験データより-