グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



整形外科


ホーム > 募集科目・募集要項 > 整形外科



採用背景
整形外科医は常勤11名の組織体制になります。手術件数は年間で1300症例以上と県内有数の実績があり、また同法人施設内に回復リハビリ病床 200床を有しております。

症例数は右肩上がりで増え続けていますが、組織構成上、若手医師が多いため、関節疾患(特に股関節)を専門とされている中堅医師を求めております。


診療科の特徴

X線の画像のみでなく、CT・MRI(3T)などを用いた診断や、超音波や体外衝撃波を用いた治療など、様々な治療を行っています。
手術は部位別(手・肘・肩・膝・脊椎・スポーツ障害)に専門医師が中心となって行っています。数多くの手術を経験し、高い専門性を持っている医師が執刀することにより、低侵襲でかつ最新の手術が可能になります。

当科では、専門センター(手の外科マイクロサージャリーセンター・人工関節センター)の運営も行っています。また、入院中のリハビリテーションは365日休みなく行い、術後成績の向上や早期社会復帰を可能としています。
整形外科では24時間オンコール体制をとっており、骨折などの急性外傷に整形外科医師が早期から介入し治療を行うことができます。
外来患者数 115名/日
症例数 1,307件
症例内訳
  • 上肢(手の外科除く):332件
  • 手の外科:224件
  • 鎖骨:38件
  • 下肢:628件
  • 脊椎・体幹: 74件
  • 骨盤:5件
  • その他:6件
病床数 54床
施設認定 日本整形外科学会整形外科専門医研修施設
カンファレンス日程 毎週水曜日
  • 常勤医:11名、非常勤医:2名
  • 日本整形外科学会 専門医:6名
  • 日本手外科学会 専門医:2名
  • 手の外科マイクロサージャリーセンター長:西 源三郎
    (名古屋市立大学 昭和45年卒)
  • 脊椎外科部長:稲生 秀文(浜松医科大学 平成4年卒)
  • 整形外科部長:梶田 幸宏(愛知医科大学 平成16年卒)
  • 整形外科副部長:松原 隆将(浜松医科大学 平成14年卒)
  • 整形外科副部長:竹元 暁(旭川医科大学 平成14年卒)
  • 医員:笹倉 英樹(広島大学 平成21年卒)
  • 医員:森井 淳司(愛知医科大学 平成22年卒)
  • 医員:斎藤 勇也(愛知医科大学 平成26年卒)
  • 医員:髙橋 亮介(金沢医科大学 平成26年卒)
  • 医員:大里 倫之(愛知医科大学 平成27年卒)
  • レジデント:宮下 直人(愛知医科大学 平成28年卒)

勤務概要・勤務要項

勤務概要

外来担当 2コマ/週
当直回数 外科直として2回/月
(※年次ごと調整あり)

勤務要項

常勤医師 週40時間(週5日)勤務
給与 経験年数に応じて、規程による支給
諸手当 超過勤務手当、緊急呼出手当、日当直手当
勤務時間 8時30分〜17時20分
休日・休暇 週休2日制(日曜他1日)、祝日、12月30日〜1月3日、夏期休暇(有給休暇消化)
年次有給休暇 就任日より6ヵ月間は5日(特別有給休暇)とし、その後1年間は10日。以降は労働基準法に準ずる。
定年 60歳(60歳以降は嘱託常勤医師として再契約可能)※その他手当、制度等はコチラ

ご応募・病院見学・お問い合わせ

TOP