グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




心臓弁膜症の外科的治療


ホーム > 外科系 > 心臓血管外科 > 心臓弁膜症の外科的治療

大動脈弁狭窄症について

心臓には4つの弁(扉)があります。大動脈弁は心臓と大動脈の境にある弁で心臓から大動脈に送り出した血液が逆流しないために存在します。大動脈弁狭窄症はこの大動脈弁がおもに、動脈硬化などで固くなった状態で、飲み薬では治らないので手術をして新しい弁(人工弁)に取り換える必要があります。
日本における65歳以上の大動脈弁狭窄症の罹患率は2~3%で、潜在患者数は65万~100万人と推定、最もよくみられる弁膜疾患です。

高齢化が進む日本において、年々増加傾向にある大動脈弁狭窄症に対する治療は重要な課題です。無症状で経過することが多いので、加齢(年を取ったから)のためと思っている患者さんが多いですが、より精密な検査を受けた場合、約40%の患者に何らかの症状が発現しています。

大動脈弁狭窄症の主な症状

狭心症、失神、心不全などの症状発現後の2年生存率は50%

従来の人工弁

大動脈弁狭窄症は、重症になると突然死などのリスクが高い病気です。そのため、硬くなった弁を人工弁に取り替える必要があります。これまでは開胸(胸を大きく切る)して人工心肺で一時的に心臓を止めて行う大動脈弁置換術が主体でした。この手術自体はすでに方法が確立し、人工弁の改良も進み、安全で確実性の高い手術です。しかし、開胸して人工心肺を使うので、体への負担は大きい手術になります。高齢で体力の低下した方や、癌のある方、過去に開胸手術したことのある方、あるいは様々な理由で通常の人工弁置換手術に耐えられない患者さんは、これまでは手術することができませんでした。

そのような患者さんを対象にした、新しい治療法として開発されたのが、経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)です。

TAVIについて

TAVIとは、経カテーテル大動脈弁留置(Transcatheter Aortic Valve Implantation)のことです。
  • 人工心肺を使わず、小さな傷で行うので体への負担は少ないです。
  • 重度の大動脈弁狭窄症で通常の人工心肺を用いた手術が困難な方(高齢者、過去に心臓の手術を受けた方、様々な原因で体力が低下している方)が対象となります。
  • 年齢制限はありません。90歳でも100歳でも可能です。
  • 日本では2013年10月から始まった、新しい治療です。

TAVIで使用する人工弁

●SAPIEN3 (Edwards Lifesciences®)

SAPIEN3 (Edwards Lifesciences®)

留置後のイメージ

大腿動脈からのTAVI
心尖部からのTAVI

●CoreValve(Medtronic®)

CoreValve(Medtronic®)

留置後のイメージ

具体的な治療法

  • ほとんどの方(95%以上)は、足の付け根の動脈から小指の太さくらいのカテーテル(細い管のこと)を挿入して、心臓まで人工弁を持っていきます。残り5%の方(足の血管からカテーテルが入れられない方)は別の場所から行います。(心尖部、上行大動脈、鎖骨下動脈など)
  • 人工心肺を使わず、大動脈弁を新しい弁に置き換えます。
  • 手術時間は1時間ほどです。
  • どの場合も5cmほどの小さな傷で可能です。

TAVIの利点と欠点

利点

  1. 体の負担が少ない。
    手術時間は1時間、人工心肺は使いません。小さな傷でできます。
  2. 高齢者でも可能。
  3. 1週間ほどで退院可能。

欠点

  1. 人工弁の耐久性が不明ですので、あまり若い方には適応されない。
  2. 手術後にペースメーカーを挿入しなければいけない場合が、通常の手術よりやや多い。

現時点でTAVIが適応にならない患者さま

  • 慢性腎不全で人工透析をしている方。
  • ご自身の病気について,理解することが難しい方。
  • 先天的な弁の異常や大動脈弁逆流が主体の方。

  • 2019年秋からTAVIが開始されました。
  • TAVIの豊富な経験を持つTAVIの指導医が2名います。
  • 劣化した古い人工弁の中にカテーテルで人工弁を挿入する“Valve-in-Valve”という治療も当院では可能です。

Valve-in-Valve

治療までの流れ


TAVIについてもっと詳しく知りたい方は・・・

Edwards Lifesciences® ホームページをご覧下さい。

●TAVIについてはこちらから
●TAVIのQ&Aはこちらから

*協力:Edwards Lifesciences®

TAVI指導医紹介

栃井将人インタビューはこちら

山本淳平インタビューはこちら