グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ロボット支援下による直腸切除術を施行


ホーム > 外科系 > 外科 > ロボット支援下による直腸切除術を施行

●当科ではロボット支援下による直腸切除術を施行しています

(図1)

ロボット支援による直腸切除術とは、「腹腔鏡下直腸切除術」をロボット支援下に行う手術です。当院が配備している「ダヴィンチXi」は、従来型よりも操作性・機能性が向上した最新鋭機器です(図1)。

(図2)

「ロボット手術」と言ってもロボットが手術を行うわけでなく、体の数カ所に小切開を加え、腹腔鏡とロボットアームを挿入し、映し出された映像を見ながら医師が手術を行います(図2)。
従来の腹腔鏡手術と比較すると、鮮明な3D画像で拡大された画面を見ながら操作でき、人間の手の動きを模倣した多関節を持った鉗子は、手ブレを防止する機能も備えています。これまでより細かい操作が可能となり、根治性と安全性がより高まることが期待されています。
直腸は骨盤深部の狭い空間にあるため、ロボット手術による恩恵が多いと言われ、
  1. 周囲臓器や血管・神経の損傷を防ぎ術後の合併症を少なくする。
  2. より肛門に近い病変でも肛門を温存する可能性が高くなる。
といった利点があります。

当科では、2021年8月より直腸癌に対するロボット手術を導入し、現在、保険診療として行っています。日本消化器外科学会専門医と日本内視鏡外科学会技術認定を取得し、ロボット手術に対するトレーニングを受けた認定医師が手術を担当します。

ロボット手術の詳細や適応などご不明な点がありましたら外科スタッフまでご相談ください。最良の治療方法を一緒に見つけていきましょう。