グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




肩関節センター


ホーム > センター > 肩関節センター

ごあいさつ

肩関節は、膝関節・股関節・脊椎と比較して、レントゲン検査では正常なことが多く、正確な診断が困難だと言われています。整形外科医師のなかで肩関節を専門にしている医師は少なく、『忘れられた関節』と呼ばれてきました。しかし日々の臨床の現場では、膝痛、腰痛の次に多いのが、肩関節痛です。当センターでは肩関節を『忘れられた関節』から『治療できる関節』にします。

肩関節チームの治療方針

肩関節の治療は、理学療法や投薬、注射などによる「保存治療」を基本とします。特に当院では理学療法などの保存治療に軸を置き、リハビリテーション部門との連携を密に図り治療を行っています。手術を選択した場合は、患者さま各個人の希望に応じた手術方法をご提案、選択していただきます。

対象疾患

  • 腱板断裂
  • 拘縮肩(四十肩・五十肩)
  • 石灰沈着性腱板炎、
  • 反復性肩関節脱臼
  • 変形性肩関節症
  • 投球障害肩
  • 動揺性肩関節
  • 上腕骨頭壊死
  • 胸郭出口症候群 など

◎肘関節疾患にも対応しています。

当院で行っている手術方法

当院では年間約250症例の肩の手術を施行しています。以下はその一部です。
  • 鏡視下(直視下)腱板修復術
  • 鏡視下バンカート修復術(Bristow変法も含む)
  • 鏡視下関節授動術
  • 非観血的関節授動術
  • (リバース型)人工肩関節置換術
  • 骨折観血的手術(鎖骨・肩甲骨・上腕骨・肘関節)   
  • 肩鎖関節制動術
  • 鏡視補助下第1肋骨切除術  など
◎肘関節の手術にも対応しています。

医療コラム「専門医が解説する 肩の痛みについて」

一宮・稲沢を中心に各戸配布されている地域密着生活情報誌『くれよん』にて、梶田医師監修による医療コラムを掲載しております。

「専門医が解説する 肩の痛みについて」

コラムの内容はこちらからご覧いただけます。

スタッフ紹介

肩関節センター長
梶田 幸宏(かじた ゆきひろ) 

整形外科分野以外のことでも結構です。気になることがあれば何でも相談してください。
肩関節センター
髙橋 亮介(たかはし りょうすけ)

一生懸命頑張ります。よろしくお願い致します。

● カンファレンス

リハビリテ-ション部と隔週月曜日にカンファレンスを行っております。入院および外来患者情報の共有、また各研究の進捗状況の確認と新しい臨床研究の試み、学会活動などを行っています。

● 学会・論文活動

日本整形外科学会、日本肩関節学会、日本肘関節学会、日本関節鏡・肘・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)、日本整形外科スポーツ医学会、日本臨床スポーツ医学会、中部整形外科災害外科学会などの学会に、積極的に発表しております。多数の英語論文・和文論文・雑誌依頼原稿など情報発信をしています。