グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




低侵襲緑内障手術 MIGS(ミグス)


ホーム > 外科系 > 眼科 > 低侵襲緑内障手術 MIGS(ミグス)

低侵襲緑内障手術 MIGS(ミグス)

緑内障に対する主な治療は点眼治療ですが、それでも眼圧が安定しない場合に、手術が必要となってきます。※緑内障について詳しく知りたい方は、「緑内障について知っておきたいこと」をご参照ください。そんな緑内障手術の中でも近年注目を浴びているのが、低侵襲緑内障手術(MIGS:micro invasive gulaucoma surgery)です。小さな創口から行う低侵襲な緑内障手術により、患者様にとって多くのメリットをもたらす治療です。現在当院で行っているカフークデュアルブレード(KDB)を使用した緑内障手術もこのMIGSに含まれます。眼球内の水(房水)の流出口にあるフィルター(線維柱帯)を切開する手術は、もともと眼外(強膜側)からアプローチする方法でした。KDBを使用した当院の手法だと、眼内(前房内)から直接線維柱帯にアプローチする方法になります。そのため、手術時間の短縮、術後患者負担の軽減、術後合併症の減少、早期社会復帰がえられ、その上で従来の術式と変わらない手術成績をもたらします。さらにKDBは、2か所の刃を用いて線維柱帯を帯状に切除するため、従来の切開法よりも高い治療効果が期待されています。

[ 従来法とMIGS(KDB)の比較 ]
従来法 KDB
対象 中等度 軽度~中等度
~(重症)
手術時間 30~60分 10分
術後前房出血 (+)~
(+++)
(-)~(+)
術後頭位制限 4~7日 1~2日
入院期間 約1週間 3~4日
眼圧下降効果 同等
日本人の中で最も多いと言われている正常眼圧緑内障を含む多くの緑内障病型に施行可能です。眼圧10台半ばを狙った手術のため、初期から中期の緑内障患者が主な治療対象となります。それ以外にも、点眼薬の複数使用が難しい患者さん(体の不自由な方、認知症、点眼薬アレルギーなど)に対して点眼薬本数の削減を目的に行ったり、他の緑内障手術が困難な症例に対して行うこともあります。手術時間はほとんどの症例が約10分ほどで終わります(白内障手術を含めると約20分ほど)。従来法で頻度の多かった合併症の一つである前房出血に関しては、当手法の場合約8割の患者さんに術翌日の前房出血を認めず、術翌日から頭位制限がフリーとなります。基本的には手術後3日~4日で退院となる場合が多いです。
当手術が適応とならない場合もございます。自身の緑内障について、また治療法について詳しく知りたい方はいつでも当院眼科医師にお声をおかけください。患者様一人ひとりに合った治療法をご提案させていただきます。

KDB(KAHOOK DUAL BRADE)を使用した線維柱帯切開術について

①先端:簡単に線維柱帯を貫通します。②ランプ:線維柱帯を持ち上げ引き伸ばします。③ デュアルブレード :線維柱帯を帯状に切除します。④フットプレート :シュレム管外壁への損傷を防止し、スムーズな動きを容易にします。

MIGS(ミグス)対象疾患

  • 初期から中期の緑内障
  • 他の緑内障手術が困難な症例
  • 体の不自由な方、認知症や点眼薬アレルギーの方に対して、点眼薬本数の削減を目的としても行います。

MIGS(ミグス)の特長

  • 手術時間の短縮
  • 術後患者負担の軽減
  • 術後合併症の減少
  • 早期社会復帰


一宮西病院 眼科チームからメッセージ

豊富な医療機器を用いて、眼科専門の医療技術・知識を持ったドクター及びスタッフが、患者さんの『見たい!』という思いに応えるべく、全力でサポートします!