グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2019年



9月

<取材>

山口啓二医師への取材記事が「BEYOND Stroke 03」に掲載されました。
書籍名 BEYOND Stroke 03.
タイトル テレメトリー式心電計を用いた心房細動の検出.
掲載年 2019年9月; pp7-10

6月

<論文>

山口啓二医師の共同執筆論文が、医学誌「ランセットNeurol」に掲載されました。
執筆者 Toyoda K, Uchiyama S, Yamaguchi T, Easton JD, Kimura K, Hoshino H, Sakai N, Okada Y, Tanaka K, Origasa H, Naritomi H, Houkin K, Yamaguchi K, Isobe M, Minematsu K.; CSPS.com Trial Investigators.
媒体名 Lancet Neurol.
掲載年/号数/ページ 2019 Jun;18(6):539-548.
タイトル Dual antiplatelet therapy using cilostazol for secondary prevention in patients with high-risk ischaemic stroke in Japan: a multicentre, open-label, randomised controlled trial.

4月

<執筆>

山口啓二医師が「一宮医報」へ寄稿しました。
執筆者 山口啓二.
媒体名 一宮医報.
掲載年/号数/ページ 203:8-11, 2019.
タイトル 神経内科から見た認知症.

3月7日

<執筆>

山口啓二医師がエリア座談会「高齢の心房細動患者に対する治療最前線-長期管理のポイントとDOACの選択-」に掲載されました。
座談会参加者 佐藤公洋先生,市原義雄先生,渡邉英一先生,山口啓二先生.
書籍名 座談会「高齢の心房細動患者に対する治療最前線-長期管理のポイントとDOACの選択-」.
掲載年 2019年2月

3月7日

<論文>

水井大介医師の論文が「臨床神経学」に掲載されました。
執筆者 水井大介,中井良幸,岡田弘明,金井雅裕,山口啓二.
媒体名 臨床神経.
掲載年/号数/ページ 59 : 157-159, 2019.
タイトル Hybrid assistive limb(HAL)医療用下肢タイプを使用した治療により歩行能力改善を認めた球脊髄性筋萎縮症の1 例.