グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2019年


ホーム > 外科系 > 整形外科 > 活動 > 2019年

11月16日

梶田幸宏医師が「ジュニアベースボールリーグ愛知(JBLA)講演」にて医療講演を行いました。
演者 梶田幸宏.
講演会/研修会名 ジュニアベースボールリーグ愛知(JBLA)講演.
日時/場所 2019年11月16日 / 愛知.
タイトル 2019年度名古屋市小学生軟式野球選手に対する野球検診 過去の実績報告 今後の展望.

11月14日

梶田幸宏医師が「一条工務店 社内講演会」にて医療講演を行いました。
演者 梶田幸宏.
講演会/研修会名 一条工務店 社内講演会.
日時/場所 2019年11月14日 / 愛知.
タイトル 肩・肘関節の障害.

11月7日

梶田幸宏医師が「愛知医科大学・藤田医科大学合同カンファレンス」にて医療講演を行いました。
演者 梶田幸宏.
講演会/研修会名 愛知医科大学・藤田医科大学合同カンファレンス.
日時/場所 2019年11月7日 / 愛知.
タイトル 当院における凍結肩・腱板断裂の治療strategy.

10月25-26日

高橋亮介医師が「第46回日本肩関節学会」にて学会発表を行いました。
演者 高橋亮介, 梶田幸宏, 原田洋平, 岩堀裕介, 出家正隆.
学会/研究会名 第46回日本肩関節学会.
日時/場所 2019年10月25-26日 / 長野.
タイトル 糖尿病患者の凍結肩に対する徒手関節授動術の臨床成績.

10月25-26日

梶田幸宏医師が「第46回日本肩関節学会」にて学会発表を行いました。
演者 梶田幸宏.
学会/研究会名 第46回日本肩関節学会.
日時/場所 2019年10月25-26日 / 長野.
タイトル 直視下肩関節手術におけるアクネ菌の検出率.

10月25-26日

梶田幸宏医師が「第46回日本肩関節学会」にて学会発表を行いました。
演者 梶田幸宏.
学会/研究会名 第46回日本肩関節学会.
日時/場所 2019年10月25-26日 / 長野.
タイトル 翻転した腱板断裂に対する鏡視下腱板修復術の治療成績.

10月11-13日

梶田幸宏医師が「第21回骨粗鬆症学会」にて学会発表を行いました。
演者 梶田幸宏.
学会/研究会名 第21回骨粗鬆症学会.
日時/場所 2019年10月11-13日 / 神戸.
タイトル 上腕骨近位端骨折に対するテリパラチドを用いた積極的保存療法.

10月12日

竹元暁医師が「第21回日本骨粗鬆症学会」にて学会発表を行いました。
演者 竹元暁, 梶田幸宏, 山岡知世, 西川有香, 川柳大翔, 小寺一寿, 加治屋和.
学会/研究会名 第21回日本骨粗鬆症学会.
日時/場所 2019年10月12日 / 神戸.
タイトル 上腕骨近位端骨折例における骨粗鬆症治療の現状.

9月27-28日

高橋亮介医師が「中部リウマチ学会」にて学会発表を行いました。
演者 高橋亮介, 梶田幸宏, 岩堀裕介, 原田洋平, 出家正隆.
学会/研究会名 中部リウマチ学会.
日時/場所 2019年9月27-28日 / 新潟.
タイトル てんかん患者の両側性反復性肩関節前方脱臼に対し鏡視下Bankart修復術・Remplissage法・鏡視補助下Bristow法を施行した1例.

9月20-21日

高橋亮介医師が「第133回中部日本整形外科災害外科学会」にて学会発表を行いました。
演者 高橋亮介, 梶田幸宏, 原田洋平, 岩堀裕介, 出家正隆.
学会/研究会名 第133回中部日本整形外科災害外科学会.
日時/場所 2019年9月20-21日 / 神戸.
タイトル 糖尿病患者の鏡視下腱板修復術の臨床成績.

9月20-21日

大里倫之医師が「第133回中部日本整形外科災害外科学会」にて学会発表を行いました。
演者 大里倫之, 梶田幸宏, 松原隆将, 竹元暁, 高橋亮介, 宮下直人.
学会/研究会名 第133回中部日本整形外科災害外科学会.
日時/場所 2019年9月20-21日 / 神戸.
タイトル 上腕骨近位端骨折術後成績不良例に対し肩関節鏡視下手術を施行した4例.

9月20-21日

竹元暁医師が「第133回中部日本整形外科災害外科学会」にて学会発表を行いました。
演者 竹元暁, 西源三郎, 中西昭登, 笹倉英樹, 梶田幸宏, 松原隆将.
学会/研究会名 第133回中部日本整形外科災害外科学会.
日時/場所 2019年9月20-21日 / 神戸.
タイトル 骨傷のないPIP関節掌側板損傷に起因するスワンネック変形に対しスーチャーアンカーを用いて治療した1例.

9月20-21日

宮下直人医師が「第133回中部日本整形外科災害外科学会」にて学会発表を行いました。
演者 宮下直人, 梶田幸宏, 高橋亮介, 大里倫之.
学会/研究会名 第133回中部日本整形外科災害外科学会.
日時/場所 2019年9月20-21日 / 神戸.
タイトル 肩関節固定術後に生じた上腕骨近位部骨折の1例.

9月20-21日

大里倫之医師が「第133回中部日本整形外科災害外科学会」にて学会発表を行いました。
演者 大里倫之, 森井淳司, 梶田幸宏, 松原隆将, 竹元暁, 宮下直人.
学会/研究会名 第133回中部日本整形外科災害外科学会.
日時/場所 2019年9月20-21日 / 神戸.
タイトル 胸椎化膿性椎間板炎に急性膿胸を併発した1例.

9月20-21日

梶田幸宏医師が「第133回中部日本整形外科災害外科学会」にて学会発表を行いました。
演者 梶田幸宏.
学会/研究会名 第133回中部日本整形外科災害外科学会.
日時/場所 2019年9月20-21日 / 神戸.
タイトル 術前ドキシサイクリン投与を用いた鏡視下腱板修復術中のアクネ菌培養検出率の検討.

9月20-21日

梶田幸宏医師が「第133回中部日本整形外科災害外科学会」にて学会発表を行いました。
演者 梶田幸宏.
学会/研究会名 第133回中部日本整形外科災害外科学会.
日時/場所 2019年9月20-21日 / 神戸.
タイトル 超音波を用いた無症候性テニス肘の検討.

8月30-31日

梶田幸宏医師が「第45回日本整形外科スポーツ医学会」にて学会発表を行いました。
演者 梶田幸宏.
学会/研究会名 第45回日本整形外科スポーツ医学会.
日時/場所 2019年8月30-31日 / 大阪.
タイトル 難治性上腕骨外側上顆炎に対する体外衝撃波のMRI所見別の効果.

7月12日

梶田幸宏医師が「スミス&ネフュー社内講習会」にて医療講演を行いました。
演者 梶田幸宏.
講演会/研修会名 スミス&ネフュー社内講習会.
日時/場所 2019年7月12日 / 愛知.
タイトル 肩関節鏡視下手術のコツ.

7月6日

梶田幸宏医師が「MITEKセミナー」にて医療講演を行いました。
演者 梶田幸宏.
講演会/研修会名 MITEKセミナー.
日時/場所 2019年7月6日 / 愛知.
タイトル 上腕骨近位端骨折術後拘縮.

6月16日

中西昭登医師が「世界マイクロサージャリー学会2019」にて学会発表を行いました。
演者 Akito Nakanishi.
学会/研究会名 WSRM2019(世界マイクロサージャリー学会2019)
日時/場所 2019.6.12-16 / イタリア・ボローニャ
タイトル Quality of life and disability after toe-to-hand transplantation (Panel Session:Bone Reconstruction - Toe flaps and vascularized small joints transfer)

6月13-15日

松原隆将医師が「第11回JOSKAS」にて学会発表を行いました。
演者 松原隆将, 梶田幸宏.
学会/研究会名 第11回JOSKAS.
日時/場所 2019年6月13-15日 / 札幌.
タイトル 高度な関節外変形を合併した変形性膝関節症に対して大腿骨矯正骨切り術を併用した人工膝関節置換術を施行した1例.

6月13-15日

宮下直人医師が「第11回JOSKAS」にて学会発表を行いました。
演者 宮下直人, 梶田幸宏, 高橋亮介, 大里倫之.
学会/研究会名 第11回JOSKAS.
日時/場所 2019年6月13-15日 / 札幌.
タイトル バレーボールで受傷した脛骨近位部骨端線損傷に対して創外固定を用いて治療した1例.

6月13-15日

高橋亮介医師が「第11回JOSKAS」にて学会発表を行いました。
演者 高橋亮介, 梶田幸宏, 岩堀裕介, 原田洋平, 出家正隆.
学会/研究会名 第11回JOSKAS.
日時/場所 2019年6月13-15日 / 札幌.
タイトル てんかん患者の両側性反復性肩関節前方脱臼に対し鏡視下Bankart修復術・Remplissage法・鏡視補助下Bristow法を施行した1例.

6月13-15日

梶田幸宏医師が「第11回JOSKAS」にて学会発表を行いました。
演者 梶田幸宏.
学会/研究会名 第11回JOSKAS.
日時/場所 2019年6月13-15日 / 札幌.
タイトル 鏡視下腱板修復術と直視下腱板修復術におけるアクネ菌培養陽性率の検討.

6月13-15日

梶田幸宏医師が「第11回JOSKAS」にて学会発表を行いました。
演者 梶田幸宏.
学会/研究会名 第11回JOSKAS.
日時/場所 2019年6月13-15日 / 札幌.
タイトル 一次修復不能な広範囲腱板断裂に対する上腕二頭筋長頭腱による上方関節包再建術を併用した腱板部分修復.

5月25日

梶田幸宏医師が「西尾張骨粗鬆の会」にて医療講演を行いました。
演者 梶田幸宏.
講演会/研修会名 西尾張骨粗鬆の会.
日時/場所 2019年5月25日 / 愛知.
タイトル 骨粗鬆症治療の過去・現在・未来.

5月9-12日

梶田幸宏医師が「第92回日本整形外科学会」にて学会発表を行いました。
演者 梶田幸宏.
学会/研究会名 第92回日本整形外科学会.
日時/場所 2019年5月9-12日 / 横浜.
タイトル 鏡視下腱板修復術と鏡視下Bankart修復術の術中アクネ菌培養陽性率の検討.

4月19日

竹元暁医師が「第62回日本手外科学会学術集会」にて学会発表を行いました。
演者 竹元 暁 他.
学会/研究会名 第62回日本手外科学会学術集会.
日時/場所 2018年4月19日/札幌.
タイトル 小児強剛母指の診療経過.

4月5-6日

大里倫之医師が「第132回中部日本整形外科災害外科学会学術集会」にて学会発表を行いました。
演者 大里倫之, 梶田幸宏, 松原隆将, 竹元暁, 森井淳司, 宮下直人.
学会/研究会名 第132回中部日本整形外科災害外科学会学術集会(2019/4/5-6).
日時/場所 2019年4月6日 / 三重.
タイトル 両側踵骨骨折術後感染による皮膚欠損に対し、逆行性腓腹有茎皮弁を施行し治癒し得た1例.

4月5-6日

宮下直人医師が「第132回中部日本整形外科災害外科学会学術集会」にて学会発表を行いました。
演者 宮下直人, 梶田幸宏, 斎藤勇也, 高橋亮介, 大里倫之.
学会/研究会名 第132回中部日本整形外科災害外科学会学術集会(2019/4/5-6).
日時/場所 2019年4月6日 / 三重.
タイトル 小骨片を伴う肘頭裂離骨折に対してsuture anchorを用いて治療を行った2例.

4月5-6日

高橋亮介医師が「第132回中部日本整形外科災害外科学会学術集会」にて学会発表を行いました。
演者 高橋亮介, 梶田幸宏, 出家正隆.
学会/研究会名 第132回中部日本整形外科災害外科学会学術集会(2019/4/5-6).
日時/場所 2019年4月5日 / 三重.
タイトル 上腕骨骨幹部偽関節に対してプレート固定と腸骨移植を施行し骨癒合を得た1例.

4月5-6日

梶田幸宏医師が「第132回中部日本整形外科災害外科学会学術集会」にて学会発表を行いました。
演者 梶田幸宏.
学会/研究会名 第132回中部日本整形外科災害外科学会学術集会.
日時/場所 2019年4月5-6日 / 三重.
タイトル 一次修復不能な広範囲腱板断裂に対する上腕二頭筋長頭腱による上方関節包再建術を併用した腱板部分修復.

1月19日

梶田幸宏医師が「第25回東海関節鏡研究会」にて医療講演を行いました。
演者 梶田幸宏.
学会/研究会名 第25回東海関節鏡研究会.
日時/場所 1月19日./名古屋.
タイトル 翻転した腱板断裂に対する鏡視下腱板修復術の治療成績.

1月19日

梶田幸宏医師が「第25回東海関節鏡研究会」にて医療講演を行いました。
演者 梶田幸宏.
学会/研究会名 第25回東海関節鏡研究会.
日時/場所 1月19日./名古屋.
タイトル 鏡視下腱板修復術と直視下腱板修復術におけるアクネ菌培養陽性率の検討.