グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


NIPT(非侵襲性出生前遺伝学的検査)


NIPT外来

NIPTを実施する医療機関
(連携施設)認証証

NIPTとは、胎児の染色体疾患のうち、最も頻度の高い3疾患(21トリソミー(ダウン症)・18トリソミー・13トリソミー)を調べる血液検査です。妊娠9週より検査可能で、2 週間後に陽性/陰性/判定保留という形で結果が出ます。非常に精度が高く、上記3疾患については99%以上の精度で検出できます。当院は、出生前検査認証制度等運営委員会において、非侵襲性出生前遺伝学的検査(NIPT)を実施する連携施設として認証されました。(認証登録開始日2023年10月1日)

NIPT外来では、NIPTを考えられている方に臨床遺伝専門医(産婦人科専門医・周産期新生児専門医)が対応いたします。現在、NIPT検査の実施に年齢制限は設けておりません。基本的には胎児の染色体異常に不安を持っているすべての妊婦様が受けられます。NIPT検査を検討される方は、妊娠 9週0日~14週6日に産婦人科のNIPT外来(毎週土曜9時)でカウンセリングを受けていただきます。

NIPT検査の流れ

① 予約
(毎週土曜9時)
  • 当院通院中の方は、受診時に医師もしくは看護師(助産師)にて予約を取得しますので、希望があればその旨申し出て下さい。
  • 当院以外の産婦人科に通院中の方は、かかりつけ産婦人科からの予約申し込みが必要です。
② 初回受診
  • 原則、夫もしくはパートナー同伴での受診をお願いしております。(どうしても同伴が不可能な場合は、その限りではありません)
  • NIPTに関するカウンセリングを行います。
  • 胎児エコーで心拍確認を行います。
  • 検査の実施が確定した場合、同意書にサインを頂きます。
  • 受診日当日の採血検査が可能です。(後日再度カウンセリングを実施した上での採血検査も可能です。)

③ 結果説明
採血検査実施から約2週間後に結果をご説明します。

費用

合計150,000円
  • 初回受診時:145,000円(※NIPT検査料、超音波検査料に加え、カウンセリング料5,000円が含まれます)
  • 結果説明時:5,000円
※上記は全て税込表記となります。

NIPTの結果が陽性の場合

  • 羊水検査日程の相談を行います。妊娠16週頃に、原則日帰り入院で行います。
  • 羊水検査に際して、羊水染色体検査の費用は発生しません。

NIPTの結果が判定保留の場合

NIPTの再検査、または、羊水検査を検討します。(NIPT検査料金は無料となりますが、羊水染色体検査費用として60000円、及び、別途部屋代等が必要となります)

また、必要に応じて、出生前検査認証制度等運営委員会の基幹施設である名古屋市立大学病院への紹介が可能です。

  1. ホーム
  2.  >  外科系
  3.  >  産婦人科(婦人科・産科)
  4.  >  NIPT(非侵襲性出生前遺伝学的検査)