グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




呼吸器外科


ホーム > 外科系 > 呼吸器外科

メッセージ

呼吸器外科

2012年(平成24年)8月に呼吸器外科を開設しました。前任地の愛知県がんセンター中央病院で20年間、呼吸器・食道の外科診療を数多く行ってきました。呼吸器系の腫瘍(特に肺がんおよび転移性肺腫瘍および縦隔腫瘍)、気胸を中心に診療します。病気だけではなく、患者さまの全体を診て、患者さまのためになる医療を常に考えます。バランスを考慮した、より合併症の少ない手術を目指します。

肺がんの患者さまへ

病気になったら、病気に過剰な意味を与えないで下さい。病気のことばかりを考えると人生を生きることを忘れてしまいます。まず、しっかりと一日一日を生きましょう。私の中にがんがあるのであって、がんが私を支配しているのではありません。専門家として患者さまに適切なアドバイスをしますので、わからなければ何でも聞いて下さい。

対象疾患

  • 肺がん
  • 転移性肺腫瘍
  • 良性肺腫瘍
  • 縦隔腫瘍
  • 気胸

体に優しい胸腔鏡手術について

従来から通常開胸でも大きな筋肉を切らずに温存する垂直(前方)腋窩切開法で体に優しい手術を行ってきました(図左)。最近では、さらに体への優しさを求め、胸腔鏡手術(VATS、バッツ)を導入しています。VATSとは、複数の穴から胸腔鏡というカメラと手術器具を入れて、モニター画像を見ながら手術をすることです(図右)。VATSを気胸など良性疾患では全例に、肺がんでは約半数例に実施しています。肺がんの残りの症例にはリンパ節転移陽性、大きな腫瘍などの理由により、通常開胸で行っています。VATSの長所は、(1)整容的に優れること(2)通常開胸よりも痛みが少ないこと(個人差はあります)(3)虫めがねで見るように拡大視できること(4)みんながモニターを見ることで手術室での情報共有ができることです。短所は、予期しない出血への対応が遅れることがあります。がんでは、精密な手術(precision surgery)が要求されます。我々はこの精密さを満たしつつ、より体に優しいVATSを積極的に行っています。

当院の開胸法

外来担当表

スタッフ紹介


症例数

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
肺がん 17 39 60 65 63 70 87
┗ 内 胸腔鏡下手術 3 12 28 44 27 38 44(4)
転移性肺腫瘍 2 4 5 4 6 2 9
┗ 内 胸腔鏡下手術 0 4 4 3 6 2 8(1)
良性肺腫瘍 4 3 8 19 16 7 7
┗ 内 胸腔鏡下手術 2 1 8 18 16 7 7
気胸 3 24 34 27 22 20 32
┗ 内 胸腔鏡下手術 3 24 34 27 22 18 32(6)
縦隔腫瘍 0 4 10 8 7 8 5
┗ 内 胸腔鏡下手術 0 3 8 6 6 7 3(1)
その他 0 4 6 10 10 21 28
┗ 内 胸腔鏡下手術 0 1 0 2 2 5 4
合計 26 78 123 133 124 128 168
┗ 内 胸腔鏡下手術 8 45 82 100 79 77 98(12)
◎2018年実績内、( )内の数字は単孔の実績数字です。