グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




一宮西病院・心臓血管外科


ホーム > 外科系 > 心臓血管外科 > 一宮西病院・心臓血管外科

心臓血管外科と循環器内科が一緒になり「ハートチーム」を形成、より密に連携し、地域の皆様に安全で最高水準の循環器医療のご提供を目指しております。早期離床、早期退院、早期の社会復帰のため、院内の様々な職種のスタッフとともに、患者さんとそのご家族をサポートしてまいります。

2020年4月から新たなメンバーが加わり、これまで以上に充実した体制となりました。従来の心臓大血管手術のみでなく、体に負担の少ない低侵襲な治療も行っています。動脈瘤に対しては、血管内治療(ステントグラフト)も積極的に行っております。大動脈センターでは、腹部・胸部の大動脈瘤に対して手術治療とステントグラフトを組み合わせ、それぞれの患者さんに最適な治療をご提案しています。静脈瘤センターでは、レーザーによる下肢静脈瘤の日帰り手術も行っています。急性大動脈解離に対しては、年齢や基礎疾患によらず、手術が必要な患者さんには手術を勧めさせていただきます。24時間365日、緊急手術の受け入れ態勢を整えておりますので、いつでもご連絡ください。ドクターカーにてお迎えにまいります。ご高齢の方でも治療は可能です。まずはお気軽にご連絡ください。

また、高齢化社会を迎え、大動脈弁狭窄症の患者さんが非常に増えてきています。これまでは高齢者や全身の様々な基礎疾患をお持ちの患者さんに対しても、従来の人工心肺を用いた開心術(弁置換)しか方法はありませんでした。しかし、最近ではカテーテルによる大動脈弁置換(TAVI)が広く行われるようになってきました。全国でも、認定を受けた限られた施設でしかできない特殊な治療です。当院でも認定を受け、2019年から循環器内科と合同のハートチームでTAVIを導入致しました。当院ではハートチームの連携も素晴らしく、またTAVIの豊富な経験を持つ指導医が2名いますので、安心して治療を受けていただけるかと存じます。

心臓や大動脈の手術と聞くと、怖いと思う方が多いと思います。しかし、それぞれの疾患の状態や体力を考慮して、患者さん一人ひとりに最適な治療方法をご提案いたします。なるべく専門用語を用いず、わかりやすく、皆様が納得できるまで説明いたします。

私たち一宮西病院では、心臓血管外科や循環器内科だけでなく、麻酔科、看護師、臨床工学技士、ICUスタッフ、リハビリを担当する理学療法士が一体となり、チームとして皆様をサポートいたします。安全かつ安心して手術を受けていただき、退院できるようにサポートいたします。集中治療室(ICU)では、24時間医師が常駐し、最先端の治療を行っています。ぜひ私たちにお任せください。